みちくさおじさん山を歩く

雑 記 NO2  2010・7・4 (日)

自分史なるものが流行っているそうだ。我が人生を振り返ってみると、まあいろんな事があり、平凡な人生というより大波小波にもまれた、変化に富んだ人生といった方があたっていそうだ。

自分史・・・いずれ歳を重ね、そういう気持ちになった時に書いてみるのも面白いかもわからない。
しかし誰が読むのだろう?他人が読んでもつまらないと思うし、お前はアホか、と言われそうだ。
まあ多くの人に迷惑をかけたし、感謝もされた??けど、長い人生いろいろあってこそ、楽しいしいもんです。

b0185573_20202155.jpg


それはさておき、先日古い「山の記録」のノートを発見、本格的にUターンしてそろそろ12年位になるが、いつどこの山に登ったのか?どのくらいの山に登ったのか満足な記録がない。そこでこの際整理しておかねば、と思いたった。

邪魔くさがりで、そのうちに・・・が積もり積もって、いざ、となったら大変だ。あちこちのメモ帳や手帳にメモっているが、これはなんという字?これどこの山・・・?帰ってすぐに整理しないものだから、積り積もってさあ大変。

同行者の丁寧な記録を頂戴したり、わからない所はパスし、地域別と日付順と山名だけだがようやくなんとか整理が終わった。

b0185573_20411394.jpg


メモを残している平成10年9月から現在まで、911座登っている。昭和56年9月から平成10年8月の間の記録はない。
約12年で911という数は多いか少ないか、それは別とし、現役時代は山に行きたくても暇がないし、パート勤務の今はお金がない(暇もないが・・・)人生なかなか思うようにゆかないものだ。

ちなみに①地元兵庫は353、②岡山160、③滋賀58、④鳥取48、⑤奈良25で、南・中央・北アルプスや八ケ岳方面が89となっている。

私はいわゆる○○名山にはあまり関心がなく、好きな山は何度も登る方だ。
さて体力の賞味期限が切れるまで、あといくつ登れるかな?
(古いノートの記録と合わせると1128座になる)


by hotaka443 | 2010-07-04 21:08