みちくさおじさん山を歩く

春うらら 黒鉄山(くろがねやま)~百間岳を歩く

黒鉄山(430.9m)~百閒岳(435m) 兵庫県赤穂市 2010・3・14 (日)天気 晴れ メンバー 2人


b0185573_924533.jpg


4年ぶりの黒鉄山だ。この黒鉄山から西へ尾根伝いに行くとP435の峰(百間岳)があり、最近登山道が整備されたと聞いたので、歩いてみる事にした。

7:40 自宅を出発、姫路西から山陽道に入り赤穂で下車、県道96・557で山陽新幹線を目指し、ガードーの手前を左折。案内板が立っている。
b0185573_17553343.jpg

すぐに新幹線をくぐり少し走ると、車3~4台停められるスペースがあるので、ここに駐車する。赤穂西中学生20名位の団体、そのあと二人連れの女性が登って行った。登山口はすぐ先を左に入る。
b0185573_17525829.jpg

ところどころ荒れているが、乗用車が十分通れる広い道だ。
b0185573_1642193.jpg

9:00 鍋ケ森神社前に着く。4~5台のトラックが停まっており、ここまで車は入れる。あれっ、その先の山道がいつの間にか広い遊歩道に変わっている。
b0185573_17493975.jpg

そばに真新しい看板がある。里山防災林整備で、県民税を導入し災害に強い森ずくりを進めている、とある。
b0185573_16522214.jpg

遊歩道は苦手な階段となり、どんどん山を登っていく。旧登山道と違い、どちらかというとほぼ直登に近い。
b0185573_175949.jpg


階段は途中で終わっているが、このあたりも整備中だ。案内板では、いずれ頂上まで整備するらしい。
b0185573_16591215.jpg

ここで拡張は終わり、やっと山道になる。
b0185573_1843473.jpg

すぐに下山に歩く笹谷分岐に着く。
b0185573_1865147.jpg

最高の展望台を占拠する反射板。
b0185573_1885816.jpg

チエンソーの音が聞こえてきて、大勢の人が伐採をしている。下のトラックの人たちだ

b0185573_1851387.jpg
9:40 頂上着。凄くにぎやかだ。登山口で会った赤穂西中の生徒たちで、先発隊がいたらしく、広い山頂のあちこちに分かれておしゃべりに夢中だ。彼らの歓声が山頂を支配している。ざっと見て100名はいるだろうか。話を聞くと、大人が伐採した後かたずけに来たという。
b0185573_17303584.jpg
東西に広い頂上の中央にある二等三角点、点名は西有年。
b0185573_1731848.jpg

西には岡山・備前の天狗山が見える。
b0185573_17344212.jpg

視界が悪く、赤穂の町もモヤに沈んでいる。特徴のある山並みの下のラインは山陽道。
b0185573_17375981.jpg

海霧にボンヤリ浮かんだ鹿久居島。見通しが良ければ、小豆島から四国まで見えるのだが・・・
b0185573_17452860.jpg

10:00 女生徒の賑やかな笑い声を背にして、百間岳に向かって西側の雑木林に下る。
b0185573_1851869.jpg

こちらは登山者も少なく、踏み跡の薄い所もある。所々雑木林の切れ間もあるが、視界はほとんどない。突然前方に白いものが・・・何かな?と思いながら近づくと、なんと雪だ。わづか高度400mあたりのここだけに、どうして??あたりをよく探すと、この一角だけに融ける寸前の小さな塊が見られた。
b0185573_18131216.jpg

10:35 百間岳に着いた。ケルンがある。標高点435mで 430.9mの黒鉄山よりわずかに高い。黒鉄山とよく似た感じの山頂だが、まだ人の手が入っていないのがいい。

b0185573_22173228.jpg

プレートが一枚、黒鉄山~百閒岳整備とある。
b0185573_1819359.jpg


黒鉄山とほぼ似通った展望だが、北方がよく見える。モヤっていなければ白い中国山地が見えるのだが、残念。山の斜面の広範囲に点々と散らばっているのは上郡の播磨自然高原の別荘地だ。写真では無理かな。
b0185573_18315439.jpg

黒鉄山は左で、右は途中にあるP420峰。
b0185573_18344193.jpg

10:45 黒鉄山に向かってUターン、11:20黒鉄山に戻ってきた。伐採作業は終わったのか静かだが、中学生の団体は相変わらず話に満開だ。カレーうどんのお昼にする。
11:55 下山スタート。伐採後は風通しが良くなったかな?
b0185573_1843971.jpg

笹谷分岐まで戻り、左へ笹谷道に入る。
b0185573_1858215.jpg

雑木林やシダの多い道をどんどん下り、12:25 とってもきれいな流れの沢に出た。小滝もある。
b0185573_1859248.jpg
 
b0185573_18592879.jpg

傍に行くまで気がつかなかったが、鹿だ!あわてて逃げだすかと思ったが、微動だにしない。わずかに視線を
私に向けただけだ。どうしたんだろう、ケガでもしているのか・・・ちょっと見ただけではわからない。かわいそうだが、助けてやりたいが、どうしようもない。やがておとずれる死を待つだけなのか、輝きを失った視線は「どうか助けて下さい」と叫んでいるようだ。何もしてあげられずに、ゴメンね・・・
b0185573_18595557.jpg
 
気になって仕方がないが,気持ちを切り替えてシダの風景の中を歩く。シダもよく見ると、これだけ茂るとなかなかなものだ。
b0185573_2064947.jpg

県道に出た。目印がないので始めて逆コースを歩く場合、注意がいる。
b0185573_1820475.jpg

13:20 駐車地点に戻ってきた。登りの遊歩道化は山屋さんにとってはちょっと残念だが、下りの笹谷はいいコースだった。
13:30 駐車地点スタート。赤穂インターから見る黒鉄山。反射板が見える山だ。但し山頂は反射板の少し後ろでここからは見えない。       
b0185573_1815623.jpg

(所要データー)
自宅7:40⇒R29⇒山陽姫路西IC より山陽道・赤穂 IC⇒県道96・557⇒黒鉄山登山口8:30
登山口8:45→笹谷分岐9:35→黒鉄山山頂9:40~10:00→百間岳10:35~10:45→黒鉄山11:20~11:55→県道557号13:00→登山口13:20
登山口発13:30→往路をみちくさしながら帰る。

[走行距離約90キロ、歩行距離約10キロ]

 
          
by hotaka443 | 2010-03-14 20:42