みちくさおじさん山を歩く

点名観音寺は〇、点名入野山は涙・・・そして点名川原垣内へ

無名峰の里山二つ 点名は観音寺(218.7m)と川原垣内(228.6m) 姫路市 2010.3.12 (金) 天気晴れ メンバー ひとり

今日は勤務休みだが体調がすぐれず、おとなしくしている日、と決めていたが、寒気も去り南風が入り暖かくなりそう。体調不良といっても腕が曲がらないだけ。天気もいいし、せっかくだから、近くの山に足ならしにでも行くか、とすぐに予定変更になる。
向かった先は家から20分ほど走った所にある無名峰。以前に地元の人に尋ねたら、確か地元では「日の出山」と読んでいる、と言われたと思うが・・・・

       
b0185573_18154248.jpg

          ※ 観音寺の巻き          

1時間もあれば登ってしまう観音寺だけではつまらないので地形図を眺め、その西にある点名入野山まで行くことにした。観音寺から少し西に進むと高圧線が走っているので、巡視路があるはず。それを通ればP224の尾根にでる。あとは尾根伝いに南下すれば247.9mの点名入野山に着く。下山ルートはそこで考えたらいい。9:40自宅を出発、R29に出ると観音寺が見える ところがあるが、三角錐のきれいな山容だ。
b0185573_6135435.jpg

R29の石倉交差点を右折すればとんがり山に行くが、反対に左折、500m程走ると右の集落に入る道がある。左にため池を見て少し走ると納屋があり、手前に空き地があって、廃車が並べて置いてある。廃車なのでいつ来てもまわりに2~3台は置けそうだ。持ち主が分からないので無断で置かせてもらう。
b0185573_6263295.jpg

準備をしようとしたら、えらいこっちゃ!靴ひもが結べない。左腕が痛くて曲げられないのだ。ありゃりゃ、これは困ったぞ。袖を通すのにも苦労している毎日だが、出かける前に重い物を持ったのが、まずかったのか。
四苦八苦、緩いがなんとか結んで、さあ出発、とザックを背負おうとしたら、腕が痛くてどうしても曲げられない。もたもたしていると、ちょうど畑仕事にやってきたおばさんが「どうなさったの?」
「いや なんでもないんです」痛みをこらえよっこらしょ。ついでに山の名前を尋ねると「日の出の山」とよんでいるが、山頂でなく、手前の展望岩場のピークらしい。お礼を言って別れ、登山口の観音堂に向かう。
b0185573_748956.jpg

鳥居から奥に延びる苔むした階段。両側は竹林゙だ。
b0185573_18401786.jpg
 
足ならしに何度か来ているが、ほとんどが夏場で、竹が茂り、その落ち葉が階段を埋めてうっそうとして気味が悪いくらい。しかし今日はまるっきり明るく、雰囲気が全くと違う。125段程の長い階段の先には立派な山門のような建物があるが、写真ではわかりずらい。
b0185573_18425352.jpg

狭い境内に並べられたお地蔵さん。
b0185573_2025733.jpg

お堂の横から登山道が始まる。私は霊感には全く縁がないが、これまでここに来る度、荒れ果てて幽霊屋敷ような陰気な空気が、べったり体にまつわりつくようでに、いつも背筋が寒くなり、脇目もふらず足早に通りすごしたものだ。が、今日きてみると境内はよく手入れもされており、ゆっくりあたりを見渡す気持ちの余裕がある。多数のお地蔵さんが並べてあるのも今まで気がつかなかった。
b0185573_22494994.jpg

手入れのゆきとどいた登山道。
b0185573_2050783.jpg

登山道脇の所々に祠があるが中は何もない。 
b0185573_20402880.jpg

石積みの祠もあるが、やはり中は何もない。境内に祀られていたお地蔵さんが、昔この中にあったのかな?
b0185573_20432637.jpg

展望岩場近くにある祠には一升瓶が供えられている。お酒が入っているかどうか、は確認していないが・・・
b0185573_2047514.jpg

10:20 展望岩場に着く。南側は遮るものがなく、展望は雄大だ。ここが「日の出の山」かな?御来光を拝むにはいい場所になりそうだ。すぐ下に山陽道、遠くに白い線が見えるが、青山の桜山貯水池(桜山ダム)だ。
b0185573_20561223.jpg

あいにく今日はもやっており、視界はあまり良くない。右側の馬山の後ろにボンヤリ檀特山が、左の高い山は
一等三角点のある城山か・・・
b0185573_5554945.jpg

北側にはとんがり山ものぞく。
b0185573_5572297.jpg

西に聳える点名入野山。尾根歩きで3キロ弱ある。
b0185573_625268.jpg

展望岩場を過ぎると踏み跡程度となり、シダこぎとなる。岩場から先は地元の人もあまり登らないようだ。
b0185573_67323.jpg

10:45 四等三角点観音寺に着く。頂上は狭く樹木に囲まれている。
b0185573_610890.jpg

足ならしに何度か登っているが、調べてみるとH20.7月、Hさんと登って以来のご無沙汰だ。展望がないので、せめて南側の一部だけでも、と無断で数本の木を切らせていただいたが、その切断箇所から数本の細い枝が伸びている。凄い生命力だ。
b0185573_6215086.jpg

5分ほどのコーヒータイムをとり、入野山に向けスタートする。ここから先は踏み跡はないので足場を選んで急な斜面を下るが、ここで困った事が起きた。左腕が痛くて木をつかむと激痛が走るのだ。しばし立ち止まって思案する。右下に石倉最終ゴミ処分場が見えており、エコ・フオレスト石倉と言う看板がR29に立っている。
b0185573_647640.jpg

この先何があるかわからないが、右手一本ではおそらく道のないアップダウンとは戦えないので、潔く今回は撤退することにする。右のゴミ焼却場に降りたら早いが、一度R29に出るので車まで相当な距離になる。、左側の池をめがけて降りよう。ため池からは駐車地点はすぐだ。進路を南寄りに変更する。
b0185573_6474088.jpg

降りやすそうな足場を探し、右手一本で木につかまりながら急斜面を下る。前回登った時も、同じ道を引き返すより、新しいルートを開拓しようと歩きまわったが、あの時とほぼ同じコースだ。
b0185573_170373.jpg

雑木林の急斜面が終わり、勾配が緩くなると竹ヤブに変わる。
b0185573_1455170.jpg

11:15 やがて地形図の破線の林道に出た。
b0185573_14583818.jpg

すぐにエメラルドグリーンの大きなため池に出る。
b0185573_1523536.jpg

このあたりも大市のたけのこ産地の一部だ。キレイに整地され、タケノコの頭出しを待つばかりだ。
b0185573_1544280.jpg

ありゃ、画像ではわからないが、前方に行く手をさえぎるネットが現れた。こんなの今までなかったのに・・・
b0185573_1632346.jpg

ネットは池のそばまで張ってある。くぐれそうな所を探して・・・脱出成功。外に出て札を見ると立ち入り禁止。
そうか、これから たけのこ のシーズンなんだ。まだ早いからよかったけど、シ-ズン中ならザックを持っているだけに、たけのこドロボーと間違われるところだ。危ない危ない。11:25 駐車地点に戻ってきた。黒い2台は廃車です。
b0185573_16495433.jpg


                ※ 向山 (点名川原垣内)の巻き

まだ昼前、入野山に涙を飲んだが帰るには早すぎる。道なき山はダメなので、ルートのしっかりした、近くでなじみの山はないか・・・とんがり山とか伊勢山は近いが、あまり気が進まない。そこで思いついたのが向山。4年程前に山仲間だったKさんが「時間が空いた時に登山道を整備しているので案内する」と誘われて登った時以来になる。記憶は定かでないが、行けばなんとかなるだろう、と車を走らせる。                    
11:30 駐車地点出発、R29を北へ。15分足らずで見覚えのあるお墓を通り過ぎ、少し走った道端に駐車する。 
b0185573_1755691.jpg
 
11:45 スタート。苔むした石段を登る。この上に神社があったはずだ。
b0185573_17585662.jpg
                 階段を登ると登山道がまっすぐに伸びている。
b0185573_1802758.jpg

 10分程で岩国神社に着く。ここからは尾根歩きとなる。 
b0185573_1833198.jpg

 快適な登山道でよく整備されている。
b0185573_18344297.jpg

 右側に何か所かの岩場があり、見晴らしはいい。右が最高点の向山。
b0185573_2256264.jpg

b0185573_1839288.jpg

 解放感のある規模の大きな岩場。下は林田川の流れ。
b0185573_18422030.jpg

 12:25 三等三角点川原垣内(向山)に着く。ここも南斜面が岩場になっている。
b0185573_2044643.jpg

  パンとコーヒーだけの簡単な昼食タイムだ。下のため池、半分が赤い藻で占領されている。
b0185573_2065110.jpg
 
  大津茂川とR29を挟んで、左がとんがり山、右の円錐形の山が、観音寺。
b0185573_209677.jpg

  12:40下山開始、快適な道が続く。三角点から先は4年前の時点で、Kさんが一人で整備していたので頼りない道だったが、今は立派な道になっている。
b0185573_2013097.jpg

  13:10 県道435に降りてきた。ちょうど拡張工事中。側溝用のミゾが深く掘られているので、飛び降りて這い上がる。登山口の標識はなく、木のテープが目印だ。
b0185573_2022439.jpg

 道路の向こう側は舞子池がある。 
b0185573_20235258.jpg

 ここから駐車地点までの約1・4キロは道路歩きだ。左が向山頂上になる。
b0185573_20285041.jpg

 13:25 駐車地点に帰ってきた。

(所要データー)
自宅9:40⇒観音寺山駐車地点9:55~10:05→展望岩場10:20→頂上10:45~10:50→林道11:15→駐車地点11:25~11:30⇒向山駐車地点11:45→岩国神社11:50→向山山頂12:25~12:40→県道13:10→駐車地点13:25
by hotaka443 | 2010-03-12 21:54