みちくさおじさん山を歩く

<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

No463 兵庫赤穂市・宝珠山と坂越ふるさと海岸ブラリ

茶臼山~宝珠山~大谷山 兵庫県赤穂市・相生市 2016・12・18(日)天気・晴れ 単独

b0185573_1457464.jpg

坂越湾に浮かぶ生島と遠くに家島群島の西島が霞んで見える(茶臼山より)

b0185573_1448194.jpg

用事が早く終わったけど、さてどうしょう。天気はいいし暖かいので近くの里山を散策するか、で思いついたのが赤穂市の宝珠山です。
もう10数年前に登った記憶がありますが、どんな山だったか全く覚えていません。

9:35自宅をスタート、途中のコンビニで弁当を買い、R2~R250~県道458を走り海岸沿いの広い駐車場に10:25に着きました。観光バスと数台が駐車しています。バックは左が茶臼山、その右が宝珠山。
b0185573_1130406.jpg

b0185573_10524466.jpg

県道から左に大避神社への石畳の参道に入ります。
b0185573_1053055.jpg

b0185573_10573444.jpg

大避神社の鳥居
b0185573_10555460.jpg

大避神社手前、宝珠山の道標に従い左の階段を登ります。
b0185573_1141056.jpg

展望広場に出ました。
b0185573_20345091.jpg

正面には瀬戸内海の坂越湾が広がっています。海上に浮かぶ島は家島群島最大の西島ですが、写真では霞んで確認できません。
b0185573_11184985.jpg

里山ふれあいの森の案内図。地形図を見ると、アンテナの立つ茶臼山へは車道が一本だけですが、地形図に未記載の登山道があるようです。
b0185573_112262.jpg

これといった目標がないのでとにかくブラブラと歩いてみましょう。階段を埋める落葉。
b0185573_14191662.jpg

青空に映える紅葉がキレイ!
b0185573_14193221.jpg

忠魂碑、児島高徳卿墓を過ぎると妙見寺です。宝珠山八十八ケ所霊場の大きな石碑があります。
b0185573_15233665.jpg

妙見寺観音堂。
b0185573_1529422.jpg

観音堂から外の車道に出て少し登っていくと宝珠山登山口の道標がありますが、地形図には記入されていません。
b0185573_1537831.jpg

つづら折りの登山道両脇には一定間隔で大小の石仏が祀られており、石仏巡礼コースの道標があります。何体くらいあるのだろう?妙見寺入口に宝珠山八十八ケ所霊場の標石がありましたが、石仏は八十八体祀られているのかな?
b0185573_1744640.jpg

時々波静かな坂越湾がのぞきます。
b0185573_20321626.jpg

木立が切れ開放的な雰囲気にかわります。
b0185573_17103569.jpg

坂越湾に浮かぶ原生樹林の生島と、海上には右西島と左家島がかすかに見える。
b0185573_17203373.jpg

谷道分岐。この道も地形図にはありません。
b0185573_1722265.jpg

少し登ったところにある宝珠山と茶臼山分岐。先に茶臼山に行きます。
b0185573_11215052.jpg

正面のアンテナ山が茶臼山です。
b0185573_17433244.jpg

3分ほどで尾根の縦走路に出ます。左茶臼山右宝珠山で、先に茶臼山に登り再びここに戻ってきます。
b0185573_17523225.jpg

b0185573_17531650.jpg

11:15広場になっている茶臼山です。すぐ下まで車道が上がってきています。1441年山名持豊が築いたといわれる城跡ですが、詳細は不明とか。
b0185573_17574149.jpg

b0185573_831249.jpg

一段高いところに建つTV中継用アンテナ。
b0185573_1815730.jpg

西側の展望。眼下を流れる千種川と赤穂市遠望。
b0185573_13533931.jpg

b0185573_10284829.jpg

展望を楽しんでからスタート。右の山が宝珠山、左はこの山塊で一番高い高伏山ですが、縦走路から外れているのでパスします。
b0185573_10365852.jpg

4~5分で登ってきた道を右に見送り、さらに5分ほどで樹木の茂った宝珠山です。これといった道標もなく通り過ぎてしまいそうですが、右に入る踏み跡があり、ベンチが設置された切り開きに出ます。
b0185573_10485441.jpg

正面下には生島で、無数のカキ養殖いかだが浮かんでいます。かすかに左に家島と、右に西島の島影が見えます。
b0185573_10534770.jpg

展望は狭い範囲だし、展望は茶臼山で楽しんだので縦走路を東に向かいます。正面がこれから向かう本谷山で左が高伏山。大谷山から右に続く尾根上に鉄塔が2本見えますが、右側の山まで歩きます。
b0185573_1113676.jpg

すぐに東屋があります。
b0185573_11113115.jpg

広い縦走路沿いにはツバキの木が多くみられます。
b0185573_11155177.jpg

大谷山の登りにかかります。
b0185573_11241329.jpg

11:55樹木に囲まれた大谷山ですが、表示はありません。分岐になっており、左は高伏山に向かう鉄塔巡視路にもなっています。
b0185573_11262934.jpg

b0185573_1130155.jpg

大谷山から広い縦走路は下りになります。
b0185573_11334661.jpg

縦走路は右側の鉄塔右のピークまで続きます。
b0185573_11371381.jpg

海上に浮かぶ家島左と正面は坊勢島。
b0185573_11453658.jpg

やがて登山道左側はロープが張られ、立ち入り禁止の表示が。石川島播磨工場の敷地になります。
b0185573_11542556.jpg

b0185573_11502950.jpg

左側の敷地は石播から、しっかりしたフエンスで囲まれた関電・相生火力発電所に変わります。
b0185573_1157997.jpg

登山道はフエンスに沿ってどんどん下ります。発電所からの送電線鉄塔と、何やら高い塔のような設備が見えてきました。
b0185573_1648260.jpg

コルから再び登り返すと小さなピークにテレビのアンテナが立っています。
b0185573_16515626.jpg

再び下り道になり、登山道はここから尾根を離れ右に下っていきます。この先の小ピークに三角点があり、以前は登山道が続いていたと思うのですが、今はヤブになっています。
時刻は12:35、この先は下の道路に降りてしまうのでここでコンビニ弁当をいただきます。食事中単独の男性が降りてこられました。今日始めて会う人です。
b0185573_17122062.jpg

30分ほどのんびりして、下山しましょう。
b0185573_1752071.jpg

すぐに道標があります。下の道標の文字は消えかかっていますが、(みかんのへた山古墳)と読めます。
b0185573_177588.jpg

はて、こんなところに古墳があったっけ、とにかく寄ってみましょう。
すぐに案内板があります。
b0185573_1713119.jpg

古墳らしき場所は登山道からほんの少し入った海を見下ろす高台です。説明版がなければ単なる狭い台地です。
b0185573_17161780.jpg

すぐに登山道に戻りどんどん下っていくと獣除の鉄柵があります。
b0185573_1721213.jpg

狭い民家の間を通り道路に出ました。県道458です。
b0185573_1722180.jpg

逆コースの場合よく見ないと通り過ぎてしまいそうですね。
b0185573_17354619.jpg

ここから県道沿って(坂越ふるさと海岸)と呼ばれている海岸をテクテクします。駐車場まで約2.4キロです。
ほとんど歩道が完備していないので、通行量のすくない車道や防潮堤の上を歩きます。
b0185573_17444479.jpg

50mほどの距離に浮かぶ小さな鍋島。最高峰は31mです。
b0185573_17505180.jpg

波間に海鳥が無数に浮かんでいます。
b0185573_17564940.jpg

b0185573_17582385.jpg

前方は海の駅しおさい市場です。
b0185573_1811536.jpg

海の駅の東側の船泊。
b0185573_1758538.jpg

海の駅では大勢の人が取れたてのカキ料理に舌鼓をうっています。ここのカキは有名でシーズン中は遠方から多くの人がおとずれ、賑わいます。
b0185573_1875732.jpg

海の駅をあとに海岸を歩くと生島が近づいてきました。天然記念物生島原生樹林におおわれ、周囲は1・63キロ、大避神社の神地で立ち入り禁止になっています。
鹿が生息しているそうですが、100mほどの距離なので鹿も泳げる距離ですね。
最高地点は鍋島より高い41mです。
b0185573_458370.jpg

b0185573_505650.jpg

海上に浮かぶ家島諸島西端の西島、こちらは12キロほどあります。
b0185573_5162665.jpg

駐車場が近づいてきます。この辺りは海岸は砂浜の一部を埋め立て、コンクリートで覆っています。
b0185573_5213361.jpg

b0185573_5243558.jpg

13:55駐車場に戻ってきました。
休憩入れて3時間20分ほど、天気も良く暖かい一日、ちょっとしたハイキングを楽しんできました。

(本日の歩行距離 約6キロ  累積標高差 約270mでした)
by hotaka443 | 2017-04-20 13:56