みちくさおじさん山を歩く

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No423 鈴鹿山系・鎌ケ岳は雪がチラチラ

鎌ケ岳(1161m)三重県菰野町・滋賀県東近江市 2015・11・27(金)天気・山は風強く曇り一時雪 
メンバー・4人
b0185573_1514982.jpg

b0185573_18365715.jpg


鈴鹿山系はいつも山陽道を走りますが、今日は途中で山仲間をひろうため第二神明経由です。ところが11月16日~30日の間、明石西~大蔵谷間が工事で一車線規制。ただでさえ通行料の多い幹線道路だけに大渋滞です。

大幅遅れで山仲間を乗せ出発、今度は高速に入る道筋がラッシュの時間帯と重なりまたまた渋滞でイライラ。
高速に入ってからは順調に走り、東名阪を四日市で降りR477へ入ります。
しかし時間が遅くなったので予定変更、1時間ほどで登れる武平峠からの最短コースに変更します。

ところが今度は登山口でミスをしてしまいました。
武平峠に近付くと、路肩に何か所かの駐車場が設けられています。
峠近くの駐車場に車を止め出発。武平峠から登るのは初めてとはいえ、確認もせずに”表道”の標識を見逃して登山口に入ってっしまいました。この大きな道標を見逃すのですから,どうかしていますね。
b0185573_16425144.jpg

少し登ってから、武平峠へはR477とほぼ平行に西に向かいますが、北西から北に向かっているので、おかしいな、と気が付きました。

あわてて地図を見ると・・・今登っているのは御在所岳に登る表道で、樹間から、私たちが駐車している所よりさらに登ると広い駐車場が見えます。登山口まで降りてくると、上の駐車場に向かいます。そこはトイレも設置された広い駐車場ですが、さらにもう少し登った所にも駐車場が見えます。
再び車を走らせますが、そこはトンネル入口に一番近い駐車場になります。
b0185573_2146312.jpg

登山口は駐車場の少し先、トンネル入り口のすぐ近くです。
b0185573_21473122.jpg

樹林帯の中を200mあまり登ると武平峠が見えてきます。
b0185573_9382289.jpg

十字路の武平峠です。直進するとトンネル西口の登山口で、右は御在所岳、鎌ケ岳は左折します。
b0185573_94035100.jpg
b0185573_9413633.jpg

整備された登山道脇には霜柱があちこちに。気温は2度です。
b0185573_9463380.jpg


b0185573_948895.jpg

小さなピークを過ぎると花崗岩の風化した岩稜地帯に入ります。尾根に出ると猛烈な冷たい北風が吹き荒れ、吹き飛ばされそうになります。
b0185573_1033388.jpg

ワタシ通れる?
b0185573_1045879.jpg

風化して深く掘れ込まれた登山道。
b0185573_1074035.jpg

b0185573_1085377.jpg

鎌ケ岳が見えてきました。
b0185573_1013574.jpg

崩れかけた花崗岩の山肌。傾斜がきつくなってきます。
b0185573_1019611.jpg

三ツ口谷分岐です。三ツ口谷コースはここから左へ、ザレた急斜面を谷に向かって降りていきます。
b0185573_1037132.jpg

b0185573_1795378.jpg

向かいの御在所山頂に白い建物が見えます。所々で御在所岳がのぞきますが、強烈な風のため、ロープウエーは運転休止しているようです。尚強風のため頂上へは直登ルートを避け、安全な迂回路を登ります。
b0185573_17235991.jpg

崩れやすいガレ場を通過します。
b0185573_17344923.jpg
b0185573_17345911.jpg

一面に霜柱。現在気温は1度ですが、猛烈な北風で体感温度はかなりのマイナスです。
b0185573_17375425.jpg

頂上近くの西面、落差100m近いガケ。すぐ後は鎌尾根。
b0185573_18421935.jpg

鎌ケ岳山頂に着きました。南側の大パノラマです。
b0185573_2112277.jpg

狭い山頂北側の大岩。
b0185573_21412227.jpg

b0185573_8574263.jpg

西側の展望。視界が良ければ琵琶湖が見えるのですが・・・
b0185573_21495545.jpg

北方面の展望。カメラを構えていても、強風で飛ばされそうになります。
b0185573_9555946.jpg

綿向山アップ。直線距離で7・5キロ、山頂のケルンが確認できます。
b0185573_1005698.jpg

東は伊勢湾が広がっていますが、モヤっています。視界が良ければ中部国際空港セントレアも見えるのですが。手前の山は雲母峰(キララ峰)です。
b0185573_11122734.jpg

山頂の祠。強風を避け祠の近くでお昼にしましょう。気温は0度に下がりました。
b0185573_2135890.jpg

寒いので食事を済ますと早々に下山します。岩場の直登ルートを下ってもいいのですが、下山はやはり巻き道の方が安全です。
b0185573_10173594.jpg
ザレ場の下りは慎重に。
b0185573_10174562.jpg

北風に乗って雪が舞ってきました。気温は相変わらず0度です。帰宅後高層天気図で上空1500mの気温を見ると、12時現在ー5℃あたりでした。
b0185573_10184563.jpg

ドッコイショと。
b0185573_10261341.jpg

武平峠に降りてきました。
b0185573_10272183.jpg

峠からは5分程で無事R477に降りてきました。トンネルの向こうの出口は滋賀県で、滋賀側にも登山口があります。この鈴鹿スカイラインもやがて冬季閉鎖に入り、春まで通行止めになります。
b0185573_1029630.jpg

冷えた身体には温泉が待っています。このあたりの山に来た場合は行きつけの湯の山温泉グリーホテルです。
最初来た時は山屋さんには不似合いで躊躇しましたが、670円とホテルにしては安い値段です。
地下1500mから汲み上げているそうで湯質もよく、広々とした素晴らしい温泉で、特に露天風呂は最高です。
b0185573_10383048.jpg

帰りもまた第二神明工事中でラッシュと重なり大渋滞。一般道を走りましたがこちらも渋滞で、ハイどうもお疲れさまでした。

データーはありませんが、駐車場から鎌ケ岳まで往復2時間ほどの最短コースです。
(歩行距離 約3.4キロ 累積標高差 約400m)
by hotaka443 | 2015-12-23 11:35

No422 鈴鹿山系西端の日本コバ

日本コバ(934.2m)滋賀県東近江市 2015・11・22(日)天気・晴れ メンバー・4人

b0185573_16442841.jpg


b0185573_1028817.jpg


珍しい山名の日本コバに,初めてのメンバーさんと登ります。山頂からの展望がないのが残念ですが、アプローチが簡単で、美しい渓谷沿いの道を歩くのは楽しみです。

名神高速を八日市でおりR431を東進、紅葉で有名な永源寺を愛知川の対岸に眺め、約18キロ走ると左へ県道34が分岐します。県道を300mほど走るとまた分岐があり、左に入るとすぐ右側に4~5台の登山者用の駐車スペースがあります。
b0185573_10432774.jpg

登山口は少しバックした右側の石段を登ります。
b0185573_10443347.jpg

石段を登ると登山届用のボックがあります。向こうに駐車場が見えます。
b0185573_10475914.jpg

200m毎のキロポストが設置されているので、ペース配分ができます。で、スタートの如来堂ってどこ?
b0185573_11271442.jpg

日が射しこまない薄暗い道を歩くと、民家跡の石垣が並んでいます。以前は集落があったのでしょうね。
b0185573_1155960.jpg

老朽化して通行止めになった鉄橋を迂回すると、少し先に神社があります。今日の登山の無事をお祈りします。
b0185573_11105017.jpg

b0185573_1191045.jpg

一回目の渡渉です。この時期は流れが少ないですね。
b0185573_11241581.jpg

b0185573_9462848.jpg

b0185573_9464993.jpg

二回目の渡渉地点。
b0185573_947535.jpg

レスキューポイント。
b0185573_9481547.jpg

年中コケが見られるポイントで、緑色のコケは眼にやさしいですね。
b0185573_9494933.jpg

b0185573_951844.jpg
b0185573_9512250.jpg

No11ポイントを過ぎると傾斜は次第にきつくなります。
b0185573_952454.jpg

b0185573_2126125.jpg

右を流れる沢も急流となり、あちこちに小滝が見られます。
b0185573_16572857.jpg

岩稜地帯に入って行きます。
b0185573_1018373.jpg

このコース唯一の岩場です。
b0185573_1019142.jpg

岩場を登ると狭い台地で、右手に岩屋の標示があります。
b0185573_10255122.jpg

岩の間は隙間があり、洞窟のようになっているのでKさんが入りかけたところ、ティッシュが散乱しているのでや~めた!トイレ代わりに利用しているのか、登山者としてマナー違反ですね。

岩屋からはアセビに覆われた緩い斜面に変わります。
b0185573_10421157.jpg

分岐です。先に日本コバの頂上を踏み、ここに戻ってきて政所コースで下山します。
b0185573_10431660.jpg

ここからは複雑な地形になり、一度藤川谷の源頭部に下ります。この辺りは湿地帯を形成、立ち入り禁止となっています。
b0185573_10495458.jpg

湿地帯から流れ出る沢を渡ります。
b0185573_1054339.jpg

沢を渡ると高度130mほどの登りになります。
b0185573_10564529.jpg

日本コバ山頂です。三角点は三等で点名は山名と同じ日本コバです。
b0185573_10574234.jpg

雲が低いうえに樹木が成長して展望はほとんどありません。
b0185573_1059651.jpg

三年前の展望。正面は霊仙山で、条件が良ければ霊仙のすぐ後に、300mほど高い伊吹山が顔を出し、珍しいツウショットが見られます。
b0185573_11341082.jpg

b0185573_10595671.jpg

食事を済ませ、賑わう山頂を後にします。
b0185573_1104057.jpg

分岐まで戻ると、政所コースに入ります。この道は見どころのない退屈なコースなので、ピストンの方がいいかもしれませんね。
b0185573_1151940.jpg

分岐から15分ほど歩くと衣掛山ですが、尾根の一部といった感じで展望はありません。
b0185573_1181777.jpg

一部道幅が狭くなった所があります。
b0185573_1193734.jpg

このコースも道標はしっかりしています。
b0185573_1111678.jpg

最後の植林の急坂を下るとポイント1の標示があります。
b0185573_1115015.jpg

茶畑に出ますが、規模は縮小され、パラパラといった感じです。下は3年前の同じ場所。
b0185573_11175051.jpg

b0185573_11314535.jpg

下の道路に出ましたが、こちらから登る場合の標識がほしいですね。
b0185573_14575463.jpg

ここから駐車場まで約1キロは道路歩きです。まだ新しい墓苑がありますがほとんどが空きのようです。
b0185573_1591693.jpg

道路のはるか下を流れる清流の御池川。
b0185573_15231855.jpg

駐車場に無事帰ってきました。

ちょうど今が永源寺の紅葉が見頃なのでしょうか、帰りのR421は大渋滞です。気長に渋滞の列に並びます。

山とセットの温泉ですが、永源寺のそばに大きな(永源寺温泉・八風の湯)がありますが、休日は1500円。以前フロントで入浴料金を聞き、びっくりして帰ったことがあるのでパス。

約20キロほど離れていますが、よく利用する(蒲生野の湯)に走ります。ここはお気に入りの温泉の一つです。
b0185573_1629875.jpg

帰り道、竜王IC近くにある大規模な(三井アウトレットパーク)帰りの車でまたまた渋滞。行楽の秋ですね。

今日もまたデーター行方不明です。(歩行距離 約9・5キロ  累積標高差 約920m)
by hotaka443 | 2015-12-16 17:13

No421奈良・大屏風岩~住塚山~国見山~済浄坊の滝

住塚山(1009.2m)~国見山(1016m)奈良県曽爾村・室生村 2015・11・11(水)天気・晴れ メンバー・4人

b0185573_10572311.jpg


b0185573_851453.jpg


このコースは3年ぶりになります。屏風岩の岸壁と紅葉は絵画のようにで美しく、来るたびに自然の岩の壁には圧倒されます。
b0185573_1131897.jpg

駐車場から桜の名所の公園内を歩いて、登山口に向かいます。
b0185573_1083456.jpg

b0185573_113721.jpg

公園の西のはずれに(住塚山・国見山ハイキングコース登山口)の案内板があります。
b0185573_11394931.jpg

b0185573_11411139.jpg

登山口の道標。
b0185573_11444894.jpg

うす暗い急な植林の中を登ると道標があります。右折は屏風岩の上を歩く道で、ところどころで展望が開ける場所がありますが、今回は歩きません。。
b0185573_7533792.jpg

尾根に上がると自然林の気持ちのいい登山道に変わります。
b0185573_1020871.jpg

b0185573_10204563.jpg

住塚山に着きました。三角点は二等で点名は黒岩山です。
b0185573_14333623.jpg

b0185573_13464250.jpg

山頂から南側の展望が開けます。
b0185573_13492837.jpg

槍のように張り合った二つのピーク。登りたいけど、三重県津市と松阪市、日帰りではちょっと遠い・・・
b0185573_13551142.jpg

樹氷で有名な三峰山。
b0185573_14225100.jpg

b0185573_14172858.jpg

パノラマ写真。
b0185573_14281016.jpg

国見山に向かいます。しばらくは気持ちいい尾根です。
b0185573_14392045.jpg

やがて植林の中の下りになり、ゼニヤタワのコルに降りてきます。
b0185573_14435572.jpg

国見山まで高度150mほどの少し急な登りになります。
b0185573_14481544.jpg

この辺りには少し紅葉が残っています。
b0185573_1450101.jpg

屏風岩の上のまだら模様の紅葉。
b0185573_14515759.jpg

ロープもある急な登り。
b0185573_14545665.jpg

国見山に着きました。住塚山同様に素晴らしい展望です。高さは住塚山より6mほど高いですが、三角点はありません。
b0185573_14563596.jpg

b0185573_14591284.jpg

b0185573_1523528.jpg

住塚山から北東に1キロほど離れているだけなので、展望は住塚山とあまり変わりません。ただ住塚山ではっきり見えなかった伊賀富士の尼ケ岳の山頂がよく見えます。
b0185573_17401021.jpg

b0185573_18192260.jpg

住塚山を振り返ります。
b0185573_1584246.jpg

国見山から少し歩くと植林の長い階段の下りになり、又次のピークまで階段の登りです。
b0185573_2135317.jpg

登り切ると940mほどの無名のピークですが、誰かがマジック書きで松ノ山、と書いています。
b0185573_2103985.jpg

再び長い階段の下りです。まわりは陰気な雰囲気の植林が続きます。
b0185573_2041711.jpg

高度130mほどを長い階段で下ると東海自然歩道に出ます。クマタワと呼ばれる峠で、トイレが設置されています。
b0185573_2011311.jpg

しかし背の高い植林の中で陽が射しこまず、暗くて陰気な雰囲気の峠です。
b0185573_20122974.jpg

クマタワから東方向は林道で、逆の西の室生寺方向は山道です。クマタワからは東に向かって東海自然歩道の林道を歩きます。
b0185573_2021194.jpg

やがて明るい陽射しを受けた自然林に変わります。
b0185573_20225270.jpg

高度140mほどを2キロの道のりで下ると、地形図にない林道川根線が右から下ってきます。屏風岩の上を歩く登山道へはこの林道に入ります。
b0185573_20304569.jpg

b0185573_2034253.jpg

分岐から300mほど歩くと済浄坊の滝への分岐があります。沢沿いに500mほど下るだけなので寄ってみましょう。
b0185573_20403845.jpg

流れに沿って遊歩道が設けられています。
b0185573_20421223.jpg
b0185573_20423043.jpg
b0185573_20434969.jpg
b0185573_2045626.jpg

b0185573_20481124.jpg
b0185573_20483230.jpg

滝といっても落差のある豪快に流れ落ちる滝ではなく、規模の少し大きなナメ滝といったところでしょうか。河原に降りてお昼にします。
b0185573_217114.jpg
b0185573_217314.jpg
b0185573_2191890.jpg

食事が終わると駐車場に向かいます。元の林道に戻ると、2.2キロの長い舗装林道歩きです。黙々と歩いていると、やっと屏風岩が見えてきました。
b0185573_21215560.jpg

長い林道歩きを終え駐車場にもどってきました。
b0185573_21234263.jpg

帰り道で古光山がよく見えるポイントがあります。山頂からは薄いモヤがかかり、ぼやけていましたが、今ははっきり見えます。
b0185573_21291751.jpg

せっかくここまで来たのですから県道に下ると、少し東に走り、鎧岳・兜岳の写真を撮ります。
b0185573_21352969.jpg

美しくもあり、ほれぼれする鎧岳。登山道は裏側にあります。
b0185573_21324910.jpg

帰り道から見る屏風岩。
b0185573_11571611.jpg

右から国見山・住塚山・屏風岩と並んでいます。
b0185573_122341.jpg

下山後の温泉ですが、すぐ近くの曽爾高原に(おかめの湯)がありますが、今日は水曜で休業です。
そこで名阪国道針ICのそばの道の駅針テラスにある(はり温泉らんど)に入ります。
針テラスは道の駅としては西日本最大級といわれ、温泉施設・飲食店・土産物売場等の施設があり、また関西圏のライダーの聖地として知られています。

このど派手な色彩の建物はとても温泉施設には見えませんね。以前は茶色でしたが・・・
¥800で他と比べると少し割高です。温泉以外にカラオケルーム・室内プール・室内運動施設・食堂などが完備しています。
また建物の前の庭に三角点があります。
b0185573_1429392.jpg

462・2m四等三角点針です。比較的新しい三角点ですが、建物の庭に設置されている三角点は珍しいですね。
b0185573_14324516.jpg

温泉で汗を流し、すぐ横のICから帰途につきます。

今日もデーター紛失です (歩行距離 約9・5キロ 累積標高差 約800m)

by hotaka443 | 2015-12-10 15:43

No420台高山脈・明神平~水無山(桧塚は断念)

水無山(1441・3m)奈良県東吉野村・三重県松阪市 2015・11・7(土)天気・曇り メンバー・6人

b0185573_20445157.jpg


b0185573_20374081.jpg


明神平から薊岳は何度も登っていますが、桧塚はまだ未踏です。今日は待望の桧塚に登ります。
県道220を奥に入ると左側に登山者用の広い駐車場があります。
b0185573_1721623.jpg

駐車場の先にゲートがありますが、車が通れる幅があります。
b0185573_1925595.jpg

この先600mほど歩くと県道終点になり最終ゲートがあります。ここまで車で入ったことはありますが、広場がないためUターンするのに苦労します。
b0185573_1925573.jpg

熊注意の看板。私も以前、明神平の先の前山で熊に遭遇したことがあります。熊の方が逃げてくれましたが・・・
b0185573_1944212.jpg

b0185573_19483967.jpg

20分ほど登ると渡渉です。流れが少ないので助かります。
b0185573_19554693.jpg
数分で再び渡渉です。
谷幅が広いのでロープも長くなりますが、振られるので頼ると危険です。
b0185573_2011483.jpg

倒壊したあしび山荘。朽ちて土に帰するので、来るたびにその容量が減って行くように見えます。
b0185573_20412877.jpg

渡渉が楽しめます。
b0185573_20524511.jpg

b0185573_20595985.jpg

左岸・右岸と連続した渡渉が終わると、明神滝です。
b0185573_20564090.jpg

b0185573_20565578.jpg

ここが最後の渡渉です。明神滝の源頭部になりますが流れはなく、新しい木橋で渡り続いて右の橋を渡りますが、左に旧道の橋が見えます。
b0185573_2111747.jpg
b0185573_2175392.jpg

ここからは安定した登山道になります。
b0185573_21163266.jpg

冬枯れの木々の中で、最後まで残って心を慰めてくれる紅葉。
b0185573_2119767.jpg

コース唯一の水場ですがこの季節、何本かのパイプから流れ出る水はありません。
b0185573_21202128.jpg

明神平に着きました。天王寺高校所有のあしび山荘です。避難小屋ではないので中に入ることはできません。この山荘は明神平の景色になくてはならない存在です。
b0185573_21272324.jpg

ここでアクシデントが発生、体調不良でAさんが少し遅れて登ってこられました。このまま桧塚まではむつかしいので、さて、どうするか・・・とりあえず風を避けてあしび山荘近くでお昼にします。

このまま引き返すのはもったいないので、桧や薊は無理として一番近い国見山に行くことにします。
但しここで待つとおっしゃるAさんのことを考え、時間がかかるようだと適当に引き返すことにします。

食事を終えまず水無山に向かいます。国見山まで40~50分で、水無山は手前にありますが、私は初めてです。
b0185573_1191544.jpg

結構な急登です。
b0185573_11141726.jpg

木立に囲まれた水無山です。バックの国見山へはここから一度大きく下らなければなりません。や~めた!
b0185573_11155356.jpg

木立の間から登る予定だった双耳峰の桧塚が覗いています。左が桧塚で右が桧塚奥峰。
b0185573_11215095.jpg

水無山の頂を踏んですぐ明神平に向け下山します。中央の窪みが明神平でその後ろは前山。
b0185573_11313381.jpg

前山に登る途中から見る明神平とあしび山荘。その後方右が水無山で左が国見山。(2014・9・13)
b0185573_1141584.jpg

薊岳右と左は木ノ実ヤ塚。
b0185573_14161850.jpg

あしび山荘に下りてきました。さあ下山しましょう。
b0185573_14173420.jpg
b0185573_14175265.jpg
b0185573_1418352.jpg
b0185573_14181970.jpg

駐車場に無事到着です。Aさんは何事もなかったように元気です。
b0185573_14183988.jpg

紅葉は山ではほとんど終わっていますが、大又川に沿って走る県道から眺める川沿いの紅葉は、キレイ!の一言につきます。
場所柄登山者以外に訪れる人もなく、静寂の世界を紅く、そして黄色く美しく染めています。

大又川に流れ込む多くの支流を集め、やがて四郷川と名を変えたころ、やはた温泉があります。(2014・9・13撮影)小さな温泉ですが¥500と安い料金設定です。
b0185573_14394611.jpg

川の向こうはふるさと村となっておりキャンプ場や宿泊施設があります。
b0185573_14381716.jpg

下山後の温泉はまた格別なもの。少し遠回りしてでも探して入りますが、道沿いにある温泉は助かります。

桧塚は宿題として残ったので、また来年でも挑戦しましょう。

(歩行距離 約6.4キロ 累積標高差 約730m)その他のデーターはメモが行方不明のためありません。
by hotaka443 | 2015-12-04 14:55