みちくさおじさん山を歩く

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No401 岐阜・4年ぶりの夜叉ガ池

夜叉ガ池(海抜1100m)岐阜県揖斐川町・福井県南越前町 2015・7・14(火)天気・晴れ 
メンバー・4人


b0185573_20254149.jpg



今日は夜叉ガ池までです。
b0185573_6373033.jpg


久しぶりの夜叉ケ池です。今冬は雪が多かったせいで登山口に入る町道の冬季閉鎖が長引き、先日の7月11日に一か月遅れで開通、山開きをしたばかりです。

寄り道して姫路を6時半頃出発、北陸道木之本ICからR8~R303に入ります。この303、今は快適な道に生まれ変わっていますが、以前は酷道そのもの、ドライバー泣かせだった県境の八草峠も3キロ余りのトンネルで抜け、岐阜県に入ります。

八草トンネル出口から2,5キロほど、夜叉ケ池の看板を見て左折、町道池ノ又線を走ります。
分岐から3キロ余り走ると坂内バイクランドがあり、登山届を記入します。
b0185573_13482625.jpg
b0185573_134838100.jpg
b0185573_13485112.jpg

坂内バイクランドは前を流れる坂内川の河川敷を利用したオフロードコースもあり、地形図を見ると、海抜590mあたりまで山の斜面に複雑なコース設定がされています。年に数回大会が開かれるそうです。

川沿いの曲がりくねった細い道は国道分岐から約14キロで広い駐車場に着きました。平日にかかわらず、多くの車が停まっています。
b0185573_1423876.jpg

10時、支度を済ませ出発します。登山口は駐車場の奥にあります。登山口入口の案内板。
b0185573_14243080.jpg

池ノ又谷の流れを3度ほど渡ります。
b0185573_14292284.jpg

登山道は緩い上りの自然林の中を進みます。
b0185573_14352227.jpg

快適な道を30分近く歩くと、はるか前方に荒々しい夜叉壁が姿を現しました。
b0185573_14355699.jpg

1時間ばかり歩くと幽玄の滝です。落差は15m位でしょうか。
b0185573_14592168.jpg

b0185573_14431994.jpg

b0185573_1445166.jpg

ピンクの花が見えるのでアップすると、シモツケソウです。ニッコウキスゲが多い山ですが、もう咲き終わったらしく、全く見られません。
b0185573_15124797.jpg

アルプスを思わせる夜叉壁が近づいてきました。
b0185573_15193319.jpg

b0185573_15194457.jpg

距離があるのでよく見ないとわかりませんが、15分ほどで次の昇龍の滝が谷の向こうに見えてきました。
b0185573_15571320.jpg

アップします。滝のそばに黄色い花が点々と見えますが、ニッコウキスゲのようです。滝のそばは涼しいので、まだ残っているのですね。
b0185573_15425289.jpg

b0185573_2031682.jpg

ここからロープの張られた急登になります。
b0185573_1632457.jpg

b0185573_1652099.jpg

数段に分かれた最上部の昇龍の滝。
b0185573_169275.jpg

b0185573_1611342.jpg

b0185573_16235214.jpg
b0185573_1624213.jpg

尾根に出ました。右三周ケ岳1292mの道標。左は剥げてしまって読めません。
b0185573_16243851.jpg

4年前の道標。左209の文字からすると、2キロ程南西にある1209mの三国山です。
b0185573_16451640.jpg

すぐ左に夜叉ケ池に降りる階段があります。
b0185573_16532579.jpg

夜叉ケ池におりてきました。
b0185573_16553675.jpg

休憩用の木道には数人の登山者の姿が。
b0185573_16592192.jpg

奥に進むと夜叉姫の石碑があります。
b0185573_1762732.jpg

けど、おかしいな・・・祠があったはずだけど・・・・帰って調べてみました、4年前の写真です。
b0185573_1750659.jpg


夜叉ケ池の謂れ
昔美濃の国が大干ばつに見舞われた時、草むらで小さな蛇を見付けた村の長者は「雨を降らせてくれたら娘をやる」と蛇に約束したところ、大雨が降りだし、干ばつは救われた。
その後蛇は立派な若者の姿になって娘を迎えに来たので、娘は夜叉姫となって龍の住むこの池に身を捧げた、という。
娘の名を夜叉といい、池を夜叉ケ池と名づけ、龍となった娘を祀るため、池のほとりと自宅に龍神を祀る祠をたてた、といわれている。
尚、この長者の子孫は現在も岐阜県に健在で、事前連絡をすれば祠が参拝できるという。



夜叉ケ池にはクロサンショウオ、アカハライモリ、そして絶滅危惧種に指定されている固有種のヤシャゲンゴロウが生息していますが、魚類は生息していないそうです。
b0185573_18205663.jpg

対岸の樹木に既に産卵を終えモリアオガエルの白い袋が無数にぶら下がっています。
b0185573_18353714.jpg

ランチタイムとしましょう。傍の浅瀬に無数のアカハライモリが見られます。
b0185573_13471930.jpg

現在木道には自然保護のためロープが張り巡らされ、池には降りないようになっていますが、最初に訪れた2000年は砂浜に座って食事をした記憶が残っています。木道が設置されたのは2004年頃でしょうか。

夜叉ケ池はいつも三周ケ岳とセットですが、ここから往復2時間半ほどかかるので今日はパス、そろそろ下山しましょう。

⒓:30夜叉ケ池に別れを告げ、同じ道を下ります。
b0185573_10593853.jpg

b0185573_1102039.jpg
b0185573_1103841.jpg

岩場は慎重に。
b0185573_1112649.jpg

b0185573_1114516.jpg

b0185573_13495036.jpg

遠くなる夜叉壁。
b0185573_1131589.jpg

この橋を渡ると駐車場はすぐです。
b0185573_13313811.jpg

14時ジャスト、駐車場に帰ってきました。

帰り道汗を流す温泉ですが、木之本ICにほど近い薬草の湯・͡己高庵に向かいます。鶏足寺や己高山登山口はすぐ近くです。なお己高庵は温泉ではありません。
b0185573_14203670.jpg


[データー]

姫路6:30⇒山陽・中国・名神・北陸道木之本IC⇒R8 ⇒303⇒町道池ノ又線終点駐車場9:50

スタート10:00→幽玄の滝11:00→夜叉の滝12:00~12:30→駐車場14:00

帰りはみちくさのためデーターはとっていません。

by hotaka443 | 2015-07-21 21:05

No400 白山は雲の中 福井・冠岳~浄法寺山

冠岳(838m)~浄法寺山(1052.8m) 福井県永平寺町・坂井市 2015・7・12 天気・晴れ 
メンバー・6人


b0185573_1022284.jpg

b0185573_9405862.jpg

今回丈競山はパスしています

5月末に福井・銀杏峰に登りましたが、またまた福井です。毎年福井のどこかに登っているので、福井の山とは相性がいいようです。

姫路6時出発、播但・中国・舞鶴若狭・北陸道を走り、福井北で降り、インターから30分ほどで海抜460mの浄法寺山青少年旅行村に9:50に着きました。すでに数台の車が停まっており、上の方にあるキャンプ場に登って行く車もあります。
b0185573_10475975.jpg

駐車場にある案内板。
b0185573_1055690.jpg

管理事務所で登山届を提出します。
b0185573_10555253.jpg

10:10スタートです。管理棟横に登山口がありますが、冠岳コースから登り,つつじが原コースを下山します。
b0185573_10591636.jpg

しばらくの間はジグザグの階段登りです。
b0185573_11111471.jpg
b0185573_11112992.jpg

高度を増すにつれ傾斜はきつくなり、ロープが現れます。
b0185573_11125933.jpg

b0185573_1124821.jpg

ここ2日ほど北陸は高温が続いていますが、今日も蒸し暑く、早くも汗がダラダラ・・・水分補給が忙しくなります。傾斜はきつくなり、次々と現れるロープ。暑い!たまらん!!
b0185573_11255422.jpg

ロープの数を数えていたけど・・・10個所ほどかな?
1時間ほどでやっと冠岳手前の分岐です。左は展望所で、右は冠岳山頂から浄法寺山です。展望所は帰りに寄るとして、右に進みます。
b0185573_11472779.jpg

すぐに冠岳山頂です。三角点はありません。
b0185573_1281355.jpg

日陰がないので先を急ぎます。少し下ると分岐です。左は帰りのツツジが原コースで、右は浄法寺山です。
b0185573_12421266.jpg

樹林帯のアップダウンの尾根道は風もなく、とにかく暑い!
b0185573_12453293.jpg

時々広がる景色が清涼感を呼び込み、ホッとするひと時です。
b0185573_12472030.jpg

b0185573_14594614.jpg
b0185573_14595883.jpg

少しでも風が吹けば救われるのですが、暑さでバテ気味、ペースダウンです。
b0185573_1543638.jpg

あと10分の長かったこと、ようやく前方が明るくなってきて長かった道中に終止符、やっと山頂につきました。
b0185573_15115685.jpg

⒓:35 冠より1時間ほどのところを15分ちかくもオーバー、寒さに弱く暑さに強い私も、今日は参りました。
b0185573_15233415.jpg

暑い日差しを浴び6人ほどのグループが食事中です。二等三角点浄法寺山。
b0185573_1531657.jpg

早速白山探しですが・・・遠くは薄雲が垂れ込め視界不良です。残念!
展望台の下に潜り込み、食事にしましょう。といっても今日は特に疲れたのか、食欲ゼロ。いつも省エネ登山で少食。一日中食べなくても平気で歩くので、特に気にすることはありませんが・・・

展望台に上がってみますが東方向は相変わらずモヤっており、白山は見えません。
b0185573_15451687.jpg

北側の近くは見えますが、小松市や日本海は確認できません。
b0185573_16481929.jpg

丈競山と富士写ケ岳アップ。画面左に早くも赤トンボ。
b0185573_171091.jpg

南東方面も視界不良ですが、かすかに経ケ岳のシルエットが。荒島岳は全く見えません。
b0185573_1651345.jpg

何とかクローズアップすると・・・
b0185573_16532186.jpg

13:20 一番暑い時間帯ですが、そろそろ下山しましょう。
アップダウンがあるものの、下山は冠岳下の分岐まで1時間足らずで降りてきました。冠岳展望台まで5分足らずですが、パスして先を急ぎます。
前回訪れた時の展望台の写真2枚。
b0185573_17181968.jpg
b0185573_17183847.jpg

分岐から西へ尾根道を20分ほど歩くと、びんつけ地蔵です。
b0185573_17284286.jpg
b0185573_17285056.jpg

5分も歩くとつつじが原で、ここから登山道は尾根から外れ左折、急斜面を下ります。道標は青少年旅行村まで1.2キロです。歩いてきた方向の冠山は0.7キロ、浄法寺山2.9キロとあります。
b0185573_17385873.jpg

すぐに岩場が現れます。ロープが設置されていますが、激斜面だけに慎重に下ります。
b0185573_19463345.jpg

ヒャー滑る~!
b0185573_19475925.jpg
b0185573_19481649.jpg
b0185573_19483263.jpg
b0185573_19484939.jpg

巨大なしし岩です。岩場の激下りもここで終わりました。
b0185573_19523764.jpg

閉ざされていた展望が開けます。
b0185573_19565013.jpg

クライミングができる黒岩ですが、雑草が茂りすぎ、迫力がありません。
b0185573_19573985.jpg

あまり利用するクライマーがいないのか、進入路も荒れています。
b0185573_20315758.jpg

しし岩からは平坦な道にかわります。
b0185573_20282398.jpg

b0185573_2028594.jpg

休暇村に降りてきました。
b0185573_20545339.jpg

15:25 5時間余り、暑さとの戦いは終わり、管理雄事務所にたどり着きました。全身汗まみれですが、時間も遅いし、今日は温泉抜きで帰途に着きます。

今日は暑さボケか、データー紛失で写真のタイム以外は不明です。

(歩行距離 約6.9キロ  累積標高差 約780m)
⒓時の天気図。黄海の台風に向かって南から暖かく湿った空気が吹き込み、全国的に気温高い。
そのうえ日本列島は九州西部を除き等圧線の間隔広く、山頂でも微風程度で、暑い!

b0185573_20591447.jpg

by hotaka443 | 2015-07-19 11:48

No399 大山の展望台とオキナグサの鳥取・若杉山

若杉山(1020.6m)鳥取県三朝町 2014・6・15 メンバー・2人  2015・5・17 メンバー11名

b0185573_1745471.jpg


b0185573_9394814.jpg



若杉山は絶滅危惧1類に指定されているオキナグサの自生地です。
平均して5月10日頃から咲き始めるといわれていますが、今年は全国的に春の花の開花期が早い様で、17日にはすでに咲き終わっていました。


若杉山は南北両方向から入るルートがあります。南の岡山県からのルートは奥津温泉手前から左へ県道116、森林公園方面に入り、展望のすぐれた美作北2号林道を西へ大谷峠まで走って右折、山を下って若杉山への道標まで走ります。北側からはR179で鳥取県に入り、R482、県道283で道標まで走る2ルートです。

昨年は岡山県側から、今年は鳥取県側から入りましたが、私は美作北2号林道が気にいっています。この林道は岡山・鳥取県境尾根の少し下の岡山県側を走りますが、見晴らしのいい草原の中2車線の舗装道路は実に快適です。

大谷峠です。岡山県側を走っていた林道は、ここで岡山・鳥取の県境に出ます。

b0185573_2074319.jpg

経年劣化でかろうじて判読できる大谷峠の文字。
b0185573_209471.jpg

峠から4キロ下ると右に入る道があり、ここも読みにくくなった道標が立っています。
b0185573_20204643.jpg

道標から700mほど奥に入ると、左の廃屋へ向かう進入路があり、ここに駐車します。時刻は9:20。
かっては開拓民が入り牧場を経営されていましたが、今は牧場も撤退、数件の民家はすべて廃屋になっています。
9:25支度を済ませ出発です。車はもう少し奥の登山口まで入られますが、車高の低い車はお腹を擦る恐れがあります。
b0185573_9201673.jpg

登山口の警告看板。
b0185573_1424284.jpg

美しい自然林の中の林道をゆっくり登ります。
b0185573_20273313.jpg

b0185573_2028936.jpg

前方が明るくなり、自然林が終わると同時に草原に飛び出します。昔の放牧場後です。
b0185573_20512419.jpg

解放的な美しい光景に思わず歓声が上がります。草原の道を少し登ると右手の高台がオキナグサの丘で、周囲をロープで囲ってあります。バックは津黒山。
b0185573_20485511.jpg

囲いの中を見わたしますが、オキナグサの花は見られません。ロープの周りを目を凝らしながらっくり回ると、ありました、といっても咲き終わったばかりのこの一本のみです。
b0185573_20473527.jpg

囲いの中の方は見えませんのであきらめて山頂に向かいます。見上げる登山道。
b0185573_21204976.jpg

振り向くとボヤけた西の空に大山が確認できます。
b0185573_21245184.jpg

南西には手が届きそうな津黒山。中腹には美作北林道2号のラインがクッキリと。
b0185573_172667.jpg

登る途中に2か所ほど狭い範囲を囲ったオキナグサの自生地がありますが、雑草畑になっています。
b0185573_17291668.jpg

b0185573_17302833.jpg

振り返る中央の丸いグリーンがオキナグサの咲く丘。バックは津黒山。
b0185573_17341490.jpg

大山方面の視界はよくありませんが、シルエットで確認。
b0185573_655254.jpg

大山アップ。
b0185573_17394174.jpg

頂上が近づいてきました。二人の登山者が見えますが、この写真からの確認はむずかしいかな?
b0185573_21101875.jpg

若杉山頂上です。松江から来られた6人グループが食事中です。ずいぶん遠い所から、と思いますが、姫路からの方がはるかに遠い距離ですね。矢印は大山。
b0185573_21113783.jpg

若杉山三角点。これまでいくら探しても見つからなかった三角点ですが、2012年頃、北に30mほどのところの土塁上に埋もれていたのを、国土地理院の職員さんが草刈機などを運び上げ、掘り起こして標柱を設置されたそうです。

2011年に訪れた時もあちこちを探したものの見つかりませんでしたが、昨年やっと確認でき、ホッとしたものです。過去何人もの三角点マニアが訪れましたが見つからないはず、埋もれていたのですから。
ただ地形図には三角点が記入されていますが、国土地理院の基準点を調べても未掲載なのはどうしてでしょうか。
2015・5
b0185573_21303372.jpg

2014・6
b0185573_103428.jpg

三角点から少し北に行くと大きな岩が点在した岩石公園があります。はるか大山を望む素晴らしい雲上の展望台です。
b0185573_75513.jpg

西の大山方面ばかりに眼が行きますが、東には手が届きそうな所に岡山森林公園の峰々が存在感を示しています。
b0185573_1181192.jpg


展望と一面草原の若杉山は簡単な山なのでハイキング気分で、登り1時間半、下り1時間ほどで歩けます。

帰路は県道283を北に下り,R482~R189で人形峠を越え岡山県にはいると、定番の上斎原の国民宿舎いつきの温泉(このか)に入ります。
b0185573_13595055.jpg

by hotaka443 | 2015-07-17 14:05

No398 360度の大展望・徳島矢筈山

矢筈山(1848.5m)徳島県三好市・東みよし市 2015・6・28(日)天気・晴れ メンバー・6人

b0185573_1751344.jpg


b0185573_6282430.jpg


姫路6時出発、山陽道を西に走ります。今日は徳島県の矢筈山(阿波矢筈山)です。2000m以下の高山が狭い島内にひしめき合い、矢筈山は8番目の高さになります。

また南西15キロほどの所にも矢筈山(1507m)があり、こちらは一般に土佐矢筈山と呼ばれているようで、一面背の低いシコクザサに覆われた素晴らしい展望の山です。

徳島約道吉野川SA内にある吉野川スマートICからR192~県道44で山間部に入ります。
登山口の落合峠まで約30キロ、高度600mほどを登りきるとその絶景に、思わず歓声が上がります。
9:30落合峠に着きました。少し下に駐車場とトイレがありますが、広い路肩に駐車します。先客の車が2台、路肩に止まっています。

南方、祖谷川の向こうは三嶺から西に延びる尾根ですが,1800mあたりから上は雲がかかっています。
b0185573_17453071.jpg

東は矢筈山登山口です。
b0185573_17465128.jpg

西側の山は360度のパノラマが広がる落禿です。
b0185573_1749765.jpg


9:45さあ出発しましょう。
しばらくはシコクザサの快適な登りです。振り向くと、三台の車が停まっている落合峠から、ササ原の中を落禿に向かう登山道が見えます。
b0185573_183744.jpg

ササ原の中の尾根上に四等三角点落合峠があります。2010年頃の地形図には未掲載で、新しく設置された三角点です。
b0185573_923547.jpg

景色はササ原から自然林に、そしてウラジロモミの林に代わります。
b0185573_11223480.jpg
b0185573_11224514.jpg

ところどころの急斜面にはロープが設置されています。やがてサガリハゲ山分岐に着きました。
b0185573_11255243.jpg

以前は私設の道標がありましたが、枝に小さな赤テープがぶら下がっているのみで、薄い踏跡が延びています。登山地図は難路になっており、往復1時間半ほど。機会があれば登ってみたいところです。
b0185573_1130337.jpg

白い小さな花が群生しています。よく見ると南に20キロほど離れた所にある石立山の固有種、イシダテクサタチバナのようです。この花も盗掘や植生の変化などで絶滅危惧種に指定されていますが、シカにとっては毒があるらしく、食べないそうです。
b0185573_1137527.jpg
b0185573_11372138.jpg

巨大な矢筈岩が見えてきました。
b0185573_1149255.jpg

岩の間にイワキンバイが可憐な花をつけています。
b0185573_11495562.jpg

b0185573_11501786.jpg

樹林帯から再び快適なササ原にかわり、山頂が見えてきました。
b0185573_11514565.jpg

11:45 矢筈山山頂に着きました。三角点は二等の矢筈山です。
b0185573_11531534.jpg

山頂風景。北東側の樹木が成長し、少し視界を隠しています。
b0185573_1362141.jpg

南西方向の雲は取れず、左剣山、右ジロウギュウは頭だけだしています。
b0185573_1394879.jpg

剣山から西に延びる長大な縦走路はモヤっていますが輪郭はつかめます。
b0185573_13161624.jpg

上の写真の右端の土佐矢筈山から、こちらの阿波矢筈山を撮った写真があります。
b0185573_1329867.jpg

西の空には名峰が並んでいます。
b0185573_13263772.jpg

寒峰と落禿アップ。
b0185573_14294681.jpg

展望を楽しみながら食事をとりますが、ついに剣山とジロウギュウは雲隠れのままでした。
12:35 下山しましょう。前方の大きな矢筈岩。手前の人物と比べると大きさがわかります。
b0185573_14344096.jpg

13:05サガリハゲ分岐、13:55三角点を通過します。落合峠が見えてきました。
b0185573_14402583.jpg

右烏帽子山、尾根続きの左端は前烏帽子山です。
b0185573_1444218.jpg

14:15落合峠に降りてきました。
b0185573_14492544.jpg

県道からの矢筈山。三つ並んだピークの左端です。
b0185573_1452459.jpg

時間があれば峠から西の落禿に登りたかったのですが、往復1時間ほどかかるのでパスすることにしました。
以前に撮った落禿から矢筈山の写真。
b0185573_1522976.jpg


14:20開放感あふれる素晴らしい峠を後に、長い道のりの山を下ります。

徳島道吉野川SA内にある(美濃田の湯)で汗を流します。が、この温泉、高速道路から入るのは簡単ですが、一般道からも入れるようになっており、SA内の構造が非常に複雑です。
b0185573_20374610.jpg

15:40から1時間ほどゆっくりと汗を流し、帰途に着きます。
姫路に帰る場合、淡路島経由の東回りと瀬戸大橋の西回りのどちらでも距離・高速代に大差はありませんが、渋滞のない西回りを走行、途中のSAで夕食をとり、19:20姫路に帰ってきました。

[今日のデーター]

姫路6:00⇒姫路西IC(山陽・瀬戸中央・高松・徳島道)吉野川スマートIC⇒R192⇒県道44 落合峠9:30

スタート9:45→落合峠三角点10:10→サガリハゲ分岐11:10→矢筈11:45~12:35→サガリハゲ分岐13:05→三角点13:55→登山口14:20

峠出発14:35⇒美濃田の湯15:40~15:50⇒往路引き返し姫路着19:20

(走行距離  約500キロ  歩行距離 約6.5キロ  累積標高差 約510m)


by hotaka443 | 2015-07-05 15:55