みちくさおじさん山を歩く

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

No358 ガスに閉ざされた大菩薩嶺

大菩薩嶺(2056.9m) 山梨県甲州市・丹波山村・小菅村 2014・8・4(月) 天気・山はガス メンバー4人

b0185573_21281155.jpg


b0185573_11495661.jpg


ぶっつけ本番4日目は大菩薩です。中里介山の小説で有名になったな「大菩薩峠」。内容は忘れましたが、かっては時代劇映画にもなり机龍之介の名はよく覚えています。以前からどんな所か、一度は行ってみたいと思っていました。

石和温泉のホテルでゆっくりと朝食をいただき、8:10出発です。短時間のコースなのであわてることはないでしょう。
R20を東へ走ります。沿線は見事なぶどう畑が続き、ぶどう狩りの看板も多数見受けられます。
さすがぶどう産地山梨県ですね。R20を15キロほど走り県道201に入ります。山と川に挟まれた細い山道を登ること約20キロ、上日川峠につきました。県道201の進入口がよくわからず、少しウロウロしたので9:30になってしまいました。
この上日川峠へはR411から入った方が早いようですが、201沿いの大菩薩湖を見たかったので少し遠回りをしました。しかし実際は湖岸から離れており、ほとんど見ることはできませんでした。
b0185573_10255382.jpg

峠奥の広い駐車場前に建つロッヂ長兵衛。
b0185573_102434.jpg

支度を済ませ9:50出発です。
b0185573_10302641.jpg

登山口はロッヂ長兵衛の横から舗装道を上がります。
b0185573_10353191.jpg

すぐに左の山に入る道があるので、林の中に入ります。ガイドブックには鋪道とほぼ並行しているとありますが、舗装道は苦手です。
b0185573_14281525.jpg

アップダウンはありますが、時おり見える右下の舗装道よりはるかに雰囲気はいいですね。
b0185573_10415513.jpg

25分で福ちゃん荘に着きました。
b0185573_10462820.jpg

b0185573_1046184.jpg

10分ばかり休憩してスタートします。並行してきた車道とはここで合流し、右へ大菩薩峠へ向かって登っていきますが、帰りに歩くとして、左の唐松尾根を登ります。
b0185573_10524080.jpg

ガスが忍び寄ってきました。
b0185573_15143137.jpg

b0185573_15181080.jpg
b0185573_15183250.jpg

b0185573_1519521.jpg

森林が切れ、右側一帯は草原です。晴れていれば素晴らしい展望が広がっていることでしょうね。
b0185573_15284376.jpg

道標が見えてきました。稜線に上がったようです。
b0185573_61654.jpg

年月の経過で文字は薄れていますが、左大菩薩嶺、右は大菩薩峠です。
b0185573_6172460.jpg

すぐ右には巨大岩があります。これが雷岩でしょう。
b0185573_6201187.jpg

先に大菩薩嶺に向かいます。ほぼ平坦な尾根ですが林の中、景色は見えません。
b0185573_6253394.jpg

10分足らずで大菩薩嶺に着きました。樹木に囲まれた山頂につき展望はありません。山頂といっても道標がなければ尾根上のふくらみ、と言った感じでしょうか。三角点は三等大菩薩です。時刻は11:35 薄暗い山頂で見るものは何もありませんが、ここでがお昼にします。
b0185573_630258.jpg

12時ジャスト、Uターンして大菩薩峠に向かいます。
5分余りで登ってきた唐松尾根分岐を過ぎると雷岩です。絶好の休憩ポイントで、晴れていれば富士山や南アルプス方面の雄大な景色が広がっているのでしょうが、このガス、残念です。
b0185573_1004732.jpg

大菩薩峠まで40分余りの展望尾根、ガスが晴れてくれる事を願って歩きましょう。

雷岩からゆるやかに下っていくと、高山植物が咲き乱れる雰囲気の草原があります。
b0185573_11271455.jpg

しかし咲いているにはコウリンカばかりです。
b0185573_10372452.jpg

b0185573_10364563.jpg

b0185573_11315578.jpg

いえいえ 仲間は少ないけど 私達だって咲いているンだよ~
b0185573_10351562.jpg
b0185573_10354486.jpg

2000年に設置された標高2000m地点の神部岩。それらしき岩があるのでしょうが、未確認です。
b0185573_11345238.jpg

流れるガスの切れ間から、コルに何か建物のようなものが見えてきました。避難小屋でしょうか。あのあたりが賽ノ河原かな?
b0185573_17425148.jpg

方々に小石が積まれた賽ノ河原です。
b0185573_1750180.jpg

前方の山の斜面は石積みの山が点々と。賽ノ河原の雰囲気が出ています。
b0185573_17573794.jpg

b0185573_18282143.jpg

賽ノ河原から小さなピークを越えると、目の前は大菩薩峠と介山荘です。
b0185573_17594787.jpg

12:45 大菩薩峠到着です。結局尾根縦走中一度もガスは晴れず、富士山や南アルプス、八ケ岳、秩父多摩方面の展望を楽しみにしていましたが、残念無念です。山はやはりお天気次第ですね。
b0185573_1805088.jpg

介山荘は通路の両側に記念品・お土産がずらりと並んでいます。
b0185573_1895314.jpg

大菩薩は最短の回遊コースを歩くので、残り時間はタップリあります。あとは下るだけなので大休止のコーヒータイムをとりましょう。
ところで介山荘横のトイレに行くと、なんと軽トラが停まっているではありませんか。このお店の商品運搬用でしょう。
大菩薩峠まで車道が通じている事に、ちょっぴり複雑な心境です。

40分も休憩してしまいました。13:25です。そろそろ下山しましょう。この上日川峠まで続く道、一部荒れた部分もありますが、四駆なら問題なく走れます。
b0185573_18261225.jpg

林道は途中から舗装道に変テクテク歩き、14:25、ちょうど大菩薩峠より1時間で駐車場に下りてきました。

楽しみにしていた大菩薩でしたが、ガスで視界はきかず、また峠まで車道が上がってきている現実に、個人的には少しガッカリです。

さて問題は今夜の宿探しが残っています。14:40スタート県道201を引き返し,R20に出ると西に少し走り、勝沼ICから中央道に乗り東京方面へ。すぐに天井板崩落事故を起こした笹子トンネルに入ります。
大月JCTから富士吉田まで走り、富士急富士山駅前の観光案内所に飛び込みます。

ところが旅館の案内はやっていないし、近くに河口湖をはじめ観光地が多く、富士吉田にはビジネス以外はない とつれない返事。また観光地は今シーズンで飛び込みはムリとおしゃる。

民宿なら数軒あるとのことで、電話を入れ 今夜の宿は何とか確保出来ました。
但し食事なしなので、教えていただいた食堂へ行きます。
大菩薩ではガスに隠れていた富士山が、食堂の駐車場からバッチリです。
b0185573_103993.jpg


明日はぶっつけ本番最後の日、三ツ峠山に登ります。

[データー]

石和温泉8:10⇒上日川峠駐車場9:30

駐車場9:50→福ちゃん荘10:15~10:25→尾根分岐11:20~11:25→大菩薩嶺11:35~12:00→雷岩12:05→賽ノ河原12:30→大菩薩峠12:45~13:25→福ちゃん荘13:50→駐車場14:25

駐車場14:40⇒県道201⇒R20⇒勝沼IC(中央道)富士吉田IC⇒富士吉田市内民宿17:00

(走行距離 約150キロ 歩行距離 約7.5キロ 累積標高差 約580m)

by hotaka443 | 2014-08-25 10:26

No357 丹沢・大倉尾根(バカ尾根)を歩く

搭ノ岳(1490・9m)~丹沢山(1567.1m)~蛭ケ岳(1673m) 神奈川県秦野市・清川村・山北町 
2014・8・2(土)~8・3(日) 天気・晴れ メンバー・4人


b0185573_16213935.jpg



b0185573_435468.jpg


b0185573_43755100.jpg

ぶっつけ本番二日目は丹沢です。ホテルの朝食を待っていると遅くなるので、5:35出発します。修善寺道路から一度R136に下り狩野川沿を走っていると、富士山が視界に飛び込んできました。ちょうど土手に上がる道があったので写真を1枚。
b0185573_180427.jpg

続く伊豆中央道から東駿河湾環状道路に入り、長泉沼津ICから新東名に乗ります。なお、修善寺道路と伊豆中央道は各200円ですが、通路料金徴収は8時?からのようで無料で通過しました。

新東名は18キロほど走った御殿場JCTで東名に合流、御殿場の次の大井松田で下りR246へ。
途中のコンビニで食料を仕入れ5.7キロ先の柳町交差点の案内に従い左折、県道706へ。
3.7キロでバスターミナルに到着です。
広場正面にはレストランを兼ねたどんぐり山荘があり、すでに多くの登山者の姿があります。
b0185573_18331664.jpg

どんぐり山荘裏に公営の有料駐車場がありますが、なんと8時から。時計を見るとまだ7時すぎです。
ウロウロしますが、結局どんぐり山荘近くの民間の駐車場に入ります。

さて 突然の行き先変更につき下調べする時間もなく、持ってきたのは百名山のガイドブックだけ。それによると塔ノ岳まで3時間半、丹沢山4時間40分、丹沢の最高峰蛭ケ岳6時間半となっています。

目標はやはり最高峰蛭ケ岳ですが、日帰りは無理なのでどこまで行くかです。
頂上の山小屋か、手前丹沢山の山小屋にするか・・・結局手前の丹沢山の「みやま山荘」に決め、予約の電話を入れます。
OKの返事をいただき、一安心、さあ出発です。

7:30 準備を済ませ、登ってきた県道706を山に向かって緩い坂道を登ります。少し歩くと分岐がありますが左へ。帰ってから地形図を見ると、R246交差点から走ってきた県道706はここが終点です。
b0185573_1849113.jpg

分岐点に立つ道標。
b0185573_55224.jpg

丹沢はヤマヒルが多いので有名ですが、しばらくは植林の中を歩くので絶えず足許に視線を送ります。
注意書きもあちこちにあります。
b0185573_11143694.jpg

雑事場の平の標示のある小広場に着きました。1時間近く歩いたので10分ほど休憩しましょう。
歩いている大倉尾根には緊急用のナンバーを記入した道標が設置されていますがここはNo12です。
最終の番号がわかれば励みになるのですが・・・
b0185573_18201020.jpg

雑事場ノ平からはわずかな区間ですがほぼフラットな尾根道になります。
b0185573_195401.jpg

まだ開いていない見晴茶屋を通過します。イヤというほど階段が多く、そこに暑さも加わり、結構疲れます。
b0185573_201424.jpg
b0185573_2022065.jpg
b0185573_204129.jpg

駒止茶屋に着きました。9:15です。ここもまだ店は開いていません。
b0185573_2091626.jpg

もう階段はイヤだ~、と思った頃また平坦路になります。
b0185573_2019048.jpg

ここからは緩い登りになり、15分ほどで堀山ノ家です。ここもまだ開店していません。
b0185573_20263414.jpg

b0185573_20282473.jpg
b0185573_20284692.jpg
b0185573_20295195.jpg
b0185573_2029264.jpg

展望もなく、いい加減疲れた頃左側が瞬間開け、雲を抱いた富士山がチラリ。
b0185573_22435692.jpg
それからも階段は、これでもか!とばかりに延々と続き、暑さも加わって、もうバテバテです。
b0185573_5141265.jpg

惰性で急坂を登っていくと、見上げた先になんと「氷」の旗がヒラヒラと泳いでいるではありませんか。
急いで坂を登りきると立派な花立山荘です。10:55 3時間半かかっていますが ああ つかれた~
b0185573_21205446.jpg

小屋前の広場にはベンチがあり、多くの登山者がくつろいでおられます。まず氷をいただきましょう。
お値段は400円。山の上にしては安い!おにいさんに氷の運搬方法を尋ねると、なんとボッカだそう。この暑さ、氷は飛ぶように売れています。とにかくうまい!!
b0185573_6541448.jpg

20分ばかり休憩、出発です。
ようやく蛭ケ岳が姿を現しました。左側の立木の左の山で、右が丹沢山のようです。それぞれ山頂に山小屋がありますが、まだまだはるか彼方です。
b0185573_5324821.jpg

こういう道ばかりだと助かるのですが・・・
b0185573_5331377.jpg

11:45 塔ノ岳に到着です。大勢の人が休んでおられます。大展望の山ですが、富士山はじめをはじめ南ア方面も低い雲に閉ざされています。ここでお昼にしましょう。
b0185573_7163350.jpg

b0185573_5352438.jpg

尊仏山荘の玄関脇にある標柱のない大きく欠けた三角点、帰って調べると、すでに廃点になっていました。
b0185573_535541.jpg

12:10 いよいよ最終行程に向け出発。思い出したようにまた階段です。
b0185573_9564611.jpg

崩壊地通過。
b0185573_957320.jpg

日高通過。まだ1・5キロあります。
b0185573_1022673.jpg

恐怖の階段は続きます。あれを登れば丹沢山?
b0185573_1053042.jpg

いえいえ、また下りです。あれを登れば今度こそ丹沢山に違いない。バテバテの身体に言って聞かせます。
ところで塔ノ岳までの賑わいはどこえやら、私たちは静寂の世界を歩いています。ほとんどの人は塔ノ岳をピストンされるようです。
b0185573_10101374.jpg

13:35 やっと丹沢山に着きました。休憩含めて6時間かかっています。ここから蛭ケ岳まであと2時間ほどなので、その気になれば夕方までに着きますが、宿も予約していますし、身体はもう歩くのはイヤ、といっています。今夜は「みやま荘」でお世話になりましょう。
b0185573_10191285.jpg

b0185573_10375785.jpg

手続きを済ませ2階の部屋へ。明るく清潔感の漂う気持ちのいい部屋です。よくある山小屋とちょっと違うな、と感じました。おかみさんも明るく気さくな人です。

一等三角点丹沢山。向こうに富士山が見えるのですが,あいにく雲隠れです。
b0185573_1113532.jpg

b0185573_11182315.jpg

時間がたっぷりあるので、向こうの広場のベンチでダベリ会を開きましょう。
b0185573_9295920.jpg

待ちに待った夕食です。ほとんどの山小屋の食器はプラですが、ここは違います。食欲が湧きますね。
料理はとっても美味しかった。
b0185573_14534935.jpg


夕食後「富士山が見える」の声に表に出ると、雲は多いですが夕暮の空に静かに浮かんでいます。
b0185573_1459262.jpg

定員30名に対し今夜の宿泊者は単独の男性と二人連れの男性の計7名だけ。大半の人は塔ノ岳ピストンの日帰りのようです。 夜はグッスリ眠れました。

8月3日(日) 天気・晴れ

ようやく外が明るくなり始めた4:40 スタートです。今日は蛭ケ岳まで登り下山、明日の大菩薩に備え、出来るだけ近くまで走る予定です。もう一度ここに帰ってくるので、水と朝食だけを持ってスタート。

いきなり階段の下りです。昨日ですっかり慣れましたが、小屋のおかみさんの話では、丹沢の土質は非常にもろく崩れやすいので、保護の目的があるとのことです。・

15分ほど歩くと東側の樹木が切れ、ちょうど朝日が顔を出したばかりです。
b0185573_15191512.jpg

南側の視界が開けました。よく見ると箱根山の右に虹がかかっています。
b0185573_1046627.jpg


みやま山荘から35分、不動ノ峰休憩所があります。ベンチのある小広場の横に休憩所があり、昨日みやま山荘前でお会いした単独の男性がここで一泊されたそうです。
b0185573_15445078.jpg

休憩所の先に丹沢で2番目に高い不動ノ峰がありますが、登山道はその下を巻きます。

富士山が見えてきました。左は愛鷹山。愛鷹山は1月に登ってきましたが、すぐ目の前がまっ白な富士山、迫力ありますね。
b0185573_10543491.jpg


b0185573_15543162.jpg


アップダウンに階段はありますが、昨日と違い気持ちのいい尾根歩きで、塔ノ岳までの道と比べると、まるで別世界のようです。
蛭ケ岳が近ずいてきました。山頂の山小屋も見えます。
b0185573_1605046.jpg

このあたりは高原の散策気分、ルンルン気分で歩きます。
b0185573_1652063.jpg

鬼ケ岩です。
b0185573_3284345.jpg

道標の先は岩場で、二つの岩の間からは富士山が浮かんでいます。
b0185573_3312455.jpg

大岩の先はガケでクサリが見えますが、クサリをつかわなくても大丈夫なようです。
みやま荘のおかみさんが「ちょっとしたキレットがありますよ」と言っておられましたが、ここのようです。
b0185573_3402836.jpg

蛭ケ岳は目の前ですが、一度コルまで下り登り返さなくてはなりません。
b0185573_342537.jpg

岩場の激斜面は小さなお花畑です。
b0185573_346286.jpg
b0185573_3474211.jpg

コルから高度130m、最後の登りを頑張ると、丹沢の最高峰蛭ケ岳山頂に飛び出しました。時刻は6時半。1時間50分かかりました。
b0185573_3542520.jpg

富士山から右方向にかけて南アルプスが見えるのですが・・・今日は雲の中でお休みです。残念!
b0185573_3595375.jpg

振り返ります。左が丹沢山で手前中央が不動の峰、後方右に延びる尾根の一番高いピークが塔の岳です。あの尾根を下るのか・・・遠いなあ~
b0185573_493444.jpg

富士山を前にしてベンチで朝食にしましよう。といってもコンビニのおむすび半分とアンパン半分の省エネ登山です。
b0185573_4183847.jpg

山頂の片隅に建つ蛭ケ岳山荘。
b0185573_4273792.jpg

山荘横に三角点の標柱はありますが、標石が見あたりません。調べてみると、亡失になっていました。
b0185573_435867.jpg

6:55山頂を後にします。登山口まで約13キロ、長い道のりです。あの階段を思うと・・・でも下りですから大丈夫でしょう。
一度コルまで下り、鬼ケ岩への登りです。
b0185573_4474774.jpg

あの二つの大岩が鬼の角に見える事から鬼ケ岩と名付けられたそうです。
b0185573_4533316.jpg

登りきると快適な尾根道です。階段もありますが、こうして見ると階段も絵になりますね。
b0185573_4581213.jpg

b0185573_4592950.jpg

右手に大倉尾根が近付いてきました。塔ノ岳、をアップにすると尊仏山荘が見えます。相模湾に浮かぶのは大島です。
b0185573_521545.jpg

草原の気持ちいい尾根道が続きます。
b0185573_58916.jpg

カメラを手にした女性にバッタリ。みやま山荘のおかみさんです。写真がお好きなようで、不動ノ峰あたりまで散策されるそうです。
アップダウンの最後、これを登りきると丹沢山です。頑張ります。
8:35 丹沢山・みやま山荘に帰ってきました。置かせていただいていたザックを背負い8:55出発しましょう。
b0185573_716890.jpg

b0185573_7171085.jpg

b0185573_7295762.jpg

b0185573_7322170.jpg

ひたすら歩き10時ジャスト塔ノ岳着です。ここまではほとんど登ってくる人に会いませんでしたが、塔ノ岳には多くの登山者が休憩されています。20分ほど休憩し、出発です。

次々と登ってくる登山者は若い人で占められ、同年輩の人を探すのは難しいくらいです。

30分ほど下ると氷の「花立山荘」です。相変わらず飛ぶように売れている”氷”。登りの時の美味しかった味が忘れられず、注文。
しかし暑くてバテ気味の登りと違い、イマイチでした。

昨日店を閉めていた「掘山の家」「駒止茶屋」「見晴茶屋」等すべて開店しています。

一番暑い時刻の13:15、無事どんぐり山荘に下りてきました。ここで遅い昼食を注文します。

13:55 もう訪れる事はない?丹沢にさようならします。

明日は大菩薩の予定なので、できるだけ近い所の宿を探さなければなりません。
往路を引き返し、大井松田ICより東名に乗り、次の御殿場で降りR138で北へ。さすが観光地だけあり車は多いですね。

須走ICから東富士五湖道路に乗ります。文字通り富士山の東裾野を走るのですが、富士山はガスの中です。富士吉田からは中央道になり大月JCTからは西に向かいます。
大菩薩に一番近い一つ先の勝沼ICで降りる所を大型車と並走していたのでつい通り過ぎ、次の一宮御坂で降ります。ここは甲府市の東隣の笛吹市になります。

ICを出るとすぐ近くに有名な石和(いさわ)温泉があり、看板があちこちにありますが、関西ではあまりなじみがない温泉です。山屋さんには不似合いですが、ここで泊まろうか、という話にまとまり、旅館案内書の看板のあるタクシー会社に飛び込みます。

一昨日の修善寺温泉と同じパターンです。と言うわけで登山者にはもったいない一流ホテルで温泉に入り、御馳走を食べ、満足満足。

[データー]

8月2日 (土) 晴れ

修善寺温泉5:35⇒修善寺道路⇒伊豆中央道⇒東駿河湾環状道路⇒新東名・東名⇒大井松田IC⇒R255・246⇒県道706・丹沢登山口駐車場7:10

駐車場出発7:30→花立山荘10:55~11:15→塔ノ岳11:45~12:10→丹沢山・みやま荘13:35(泊)

8月3日 (日) 晴れ

みやま山荘4:40→蛭ケ岳6:30~6:55→みやま山荘8:35~8:55→塔ノ岳10:00~10:20→花立山荘10:50~11:10→駐車場着13:15

駐車場出発13:55⇒県道706⇒R246・255⇒大井松田IC(東名)御殿場IC⇒R138⇒須走IC(東富士五湖道路・中央道)一宮御坂IC⇒R137・R20 笛吹市内石和温泉16:30

(走行距離 修善寺温泉~石和温泉 約230キロ 歩行距離 蛭ケ岳往復 約26キロ 累積標高差 約2410m)

by hotaka443 | 2014-08-12 00:00

No356南ア聖~光は林道崖崩れ,急遽伊豆天城山に変更

天城山(万三郎岳)1405・6m 静岡県伊豆市・東伊豆町 2014・8・1(金) 天気・晴れ メンバー・4人


b0185573_1504355.jpg


7月31日の出発前夜、そろそろ寝ようかと横になった21時前に電話が入りました。明日お世話になる登山口近くの民宿からです。

「登山口に入る林道でガケ崩れが発生、夜間なので詳しい状況はわからないが、登山者が宿泊していたらその旨連絡してほしい。明日の朝確認に行きますから」と役場から連絡が入ったそうです。

眠い目をこすってあわててメンバーさんに連絡。ガケ崩れの状況次第では入れるかもわかりませんが、わからなに事はやめ、登りたい山の候補に挙げていた天城山に登ろうという事になりました。
そしてせっかく遠いところまで走るのなら、近くの丹沢と大菩薩嶺を回り、あと一つはその時に考えよう、に決まりました。
南アは5日間の予定だったので4座は登れるでしょう。

しかしこの聖岳にはよほど縁がないとみえ、3年前にも出発直前に林道が台風の影響でガケ崩れが発生、今回で2度目です。

4:30自宅出発、山陽・中国・名神・新名神・東名阪・伊勢湾岸・東名・新東名と走り長泉沼津ICで降り、東駿河湾環状道路に入ります。この駿河湾環状道路は1月の時点ではR1の合流点で終わっていましたが、さらに南へ延び、伊豆中央道・修善寺道路と一本で繋がっています。

さて急な変更で、予備知識もなければ宿の手配もしていないぶっつけ本番なので、まず今夜の宿の確保が優先です。
伊豆箱根鉄道修善寺駅に行き、案内所で交渉。修善寺温泉で宿がとれました。

途中のSAでタップリ休憩をとったりしているうちに山はどこえやら、すっかり観光モードで、すでに時刻は11時を回っています。

とにかく登山口まで入ってみるか、と気分を切りかえ県道12へ。10キロほど走ってから伊豆スカイラインに入ります。さらに終点から県道111で終点の天城高原GC横の広い登山者専用の駐車場に着きました。
数台の車が止まっています。
b0185573_16524468.jpg

時刻は11:50で予定コースは5時間ほど。宿は確保しているし、17時頃はまだ明るいので決行しましょう。

12:05出発です。道路の向こう側に登山口があり案内板があります。
b0185573_1714586.jpg
b0185573_171978.jpg

有名な天城トンネルまで長大な縦走路が延びていますが、私たちは片隅のシャクナゲコースを矢印のように回遊します。
b0185573_17122540.jpg

登山口から自然林の中を少し下り、緩い坂を登ると20分ほどで四辻に着きました。
b0185573_873997.jpg

帰りは奥に続く道からここに下ってきます。
b0185573_7594069.jpg

b0185573_8132574.jpg

b0185573_8141888.jpg
b0185573_8164893.jpg

展望はありませんが歩きやすい道を歩くこと50分で万二郎岳に着きました。深い緑は日ざしを遮ってくれますが、展望はありません。
b0185573_821528.jpg

すぐに出発です。何種類かの道標が頻繁に現れます。A―〇は登山口から万二郎まで,B-〇は万二郎から万三郎間のナンバーです。
b0185573_8303827.jpg

10分ばかり歩くと岩場があり西側の展望が開けます。中央、頭を少し覗かせているピークが最高峰の万三郎岳のようです。
b0185573_9253461.jpg

すぐに樹林帯に戻ります。北側に富士山が見える所がないかキョロキョロしますが、予備知識のないままに来たのでわかりません。
さらに10分ほど進むと樹間から東側の相模湾と、万二郎岳が覗きます。
b0185573_9453758.jpg

すぐに視界は閉ざされ、アセビのトンネルに入ります。
b0185573_9473590.jpg

アセビノトンネルが終わると石楠立です。百名山だけあり道標類はしっかり立てられています。
b0185573_9534571.jpg
b0185573_9552880.jpg

14:30天城の最高峰万三郎岳に着きましたが、展望はありません。山頂といっても尾根続きの一角といった感じです。
b0185573_10103960.jpg
b0185573_10111990.jpg

三角点は一等で、点名は万城岳です。ここで遅い昼食にしましょう。
b0185573_10142028.jpg

展望を期待していましたが、ここまではただ歩くだけの山です。小さなアップダウンの連続でしたが、登山口からの標高差はわづか370mほどの計算になります。
14:50 になりました。出発しましょう。5分も歩かないうちに万三郎岳下分岐です。直進する縦走路と分かれ右折、ゴルフ場に向かいます。道標には2時間とありますが、冬場だとあせる時間ですね。
b0185573_11132170.jpg

万三郎からのナンバーはSに変わります。A,Bもそうでしたが、最終の番号表記があれば目安になるのですが・・・
b0185573_11222798.jpg

急降下の道は所どころに階段が設置されています。
b0185573_1124165.jpg

30分で涸沢分岐です。ここから下の林道に真っ直ぐに下る道を分岐します。
b0185573_11284669.jpg

涸沢からはほぼ等高線に沿った歩きやすい道ですが、一部こんな所もあります。
b0185573_11373375.jpg
b0185573_11392669.jpg

16:30 やっと四辻に戻ってきました。北方面の開けた場所はついになく、富士山を見ることはできませんでした。天城山の結論、といってもしゃくなげコース回遊ですが、ほとんど展望がなく樹林帯をひたすら歩くだけの、どちらかというと退屈な山でした。シーズンにもよるのでしょうが・・・・
b0185573_11442277.jpg

16:50駐車場に帰ってきました。広い駐車場に私の車が一台、ポツンと残っています。
b0185573_11474597.jpg

17時 天城山に別れを告げ、今夜の宿 修善寺温泉に向かいます。

縦走すれば天城の素晴らしさを味わえたのでしょうが、今日歩いたしゃくなげコースはまったくの期待外れでした。が、車大好き人間にとってはタップリ運転で来たので これで良しとしましょう。明日は丹沢に登ります。

なお天城山は連山の総称で、天城山という名の山はありません。

[データー]

自宅4:30⇒姫路東IC(山陽・中国・名神・新名神・東名阪・伊勢湾岸・東名・新東名・東駿河湾環状道路・伊豆中央道)⇒R136⇒修善寺より県道12⇒冷川IC(伊豆スカイライン)天城高原IC⇒県道111終点天城山駐車場11:50

駐車場12:05→四辻12:25→万二郎岳13:15→万三郎岳14:30~14:50→涸沢15:20→四辻16:30→駐車場16:50

天城山駐車場⇒17:00⇒往路を修善寺まで引き返し17:50宿泊地着

(走行距離 約580キロ 歩行距離 約8・4キロ 累積標高差 約700m)

by hotaka443 | 2014-08-10 14:40