みちくさおじさん山を歩く

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

No204 ポンポン山 福寿草観賞に登ったが・・・・

ポンポン山(678.8m) 京都市西京区・大阪高槻市 2012・3・27 (火) 天気・晴れ メンバー・4人


b0185573_355105.jpg


低地ではもう終わっているかもわからないけど、行ってみる?ということで火曜日お暇のサントリーのメンバーでポンポン山に向かった。今日は姫路からR372を終点の亀岡まで走り、一旦R9に出てすぐに府道6から733を経て、大原野森林公園まで一般道を走る予定だ。
以前は京都まで行く時,高速を浮かすため、このR372~R9をよく走ったものである。

6:30 Iさん宅をスタートしたものの、三草山とか丹波方面に行く時は中国道を滝野・社ICまで乗る事が多いので、本日もつい播但道砥堀ICに向かってしまった。
滝野・社から372に入る。兵庫・京都の境にあるヘヤピンカーブの狭い山道の天引峠は、新しいトンネルで通過。
湯ノ花温泉を通りR9へ。そのあと府道6・733を乗り継ぎ8:45 大原野森林公園に着いた。
しかし駐車場はチエーンがかかっている。乗用車以外走れない狭い道なので路上駐車させてもらう。
b0185573_1005581.jpg

すぐ傍に小塩山(おじお)山45分の道標の登山口がある。カタクリで有名な山だ。
b0185573_10112742.jpg

ポンポン山と言えば高槻からが一般的だが、今日は福寿草が目当てだから裏側から登る。
b0185573_7545981.jpg

b0185573_1016416.jpg

9:15出発。案内図には福寿草の位置が書かれていない。ここの福寿草観賞には住所氏名等を記入、許可をもらって
入ることになっている。むやみに立ち入らないように管理されているので、あえて地図には書かれていないのだ。
b0185573_18394740.jpg

b0185573_10262279.jpg

のんびり歩いて行くと、高台に森の案内所の建物が見えてきた。
b0185573_10281283.jpg

建物の中は工事中で入られない。
b0185573_1541188.jpg

清掃のおばさんが居られたので、「福寿草はまだ咲いていますか?」と尋ねると「もう終わりましたよ」のつれない返事。残念!
高台の案内所から一度下に降りる。
b0185573_15465172.jpg

しばらくは出灰川に沿って右岸を歩く。いい雰囲気の道だ。
b0185573_1551193.jpg

再び出灰川を渡ると看板がある。人里に近い低山に 本当にクマチャン居るのだろうか?
b0185573_15552094.jpg

地形図には載っていない出灰に下る道を分岐。道標の文字は光って読めないが、リョウブの丘に向かう。
b0185573_1621181.jpg

快適な道をのんびり歩く。
b0185573_183623100.jpg

うっかりして福寿草の分岐を行きすぎてしまい、リョウブの丘まで来てしまった。引き返してもいいのだが、皆さん、花が咲いていないのだからパス。暑くもなく寒くもなく快適な気温だ。10:30になっている。おやつ休憩にしようか。
b0185573_18422472.jpg
b0185573_18425085.jpg

b0185573_18431555.jpg

b0185573_18475599.jpg

リョウブの丘からのんびり歩いて11:10ポンポン山に着いた。すでに数人の登山者がいる。
おやつをいただいてからまだ時間が経っていないが、お昼は別腹だとおっしゃるので空いているベンチを陣取る。
平日なのに次々と登ってこられるが、いずれも高槻側からだ。さすが手頃な都会の山だ。
b0185573_531294.jpg
b0185573_5313057.jpg

角が削られて小さくなってしまった二等三角点加茂勢山。
b0185573_5315386.jpg

北に愛宕山が見える。
b0185573_7522594.jpg

大阪平野も前山があるので望めない。
b0185573_7593556.jpg

お腹がふくれると次は帰りの温泉の話題になる。近くの高槻樫田温泉に入るつもりだったが、火曜日は定休日なので、帰り道の瑠璃渓温泉の予定だ。
12:00 出発。少し南に下った所に分岐があり、頂上から見ると左折で、杉谷方面の道に入る。
b0185573_9352458.jpg

快適な道が続く。
b0185573_946155.jpg

左側に獣除けネットが張ってある。カタクリ自生地らしい。地形図には記入のない窯ケ谷のようだ。
少し進むと左に道を分ける三差路があり道標が立っている。地形図を見ると帰りに歩く東尾根だが、標示がない。
b0185573_947473.jpg

間違いないだろうと左折。ふと道標を見ると誰かのマジック書きがあった。
そうか、ポンポン山を少し降りた所にあった道標と同じ種類の道標だが、これは東海自然歩道用なんだ。高槻の本山寺方面からの自然歩道は杉谷に下ってゆくから。
b0185573_9583371.jpg

東尾根に入ると二本の高圧線にほぼ沿って歩くようになる。巡視路を兼ねているのかな?
b0185573_10115813.jpg

相変わらず雰囲気のいい雑木林の中を歩く。
b0185573_10141852.jpg

分岐がある。右へ下ると府道208の東海自然歩道に出る。
b0185573_1023271.jpg

頭上を走る高圧線と赤白鉄塔。何故か鉄塔を見ると元気が出てくる。
b0185573_1026889.jpg

下から見上げると とても複雑な構造に見える鉄塔。
b0185573_10273756.jpg

このあたりで高圧線と別れ、登山道は左へ、高圧線は向こうに見えている西京都変電所に向かう。
b0185573_1042136.jpg

周りの木すべてに黄色のテープが巻かれた一角がある。
b0185573_1046409.jpg

13:00 イヌブナの林にあるベンチ。登りはリョウブの丘まで、下りはイヌブナの林からが大原野森林公園になる。
b0185573_10474569.jpg

b0185573_1102296.jpg

イヌブナの林を過ぎると植生が変わり赤松になる。
b0185573_1153698.jpg

b0185573_1164522.jpg

13:25東尾根広場に着いた。ベンチでコーヒータイムの大休止とする。
b0185573_1184557.jpg

30分の休憩をとりスタート。野山の丘を過ぎ、最後少し急な坂を下ると森の案内所の建物が見えてきた。
b0185573_1112979.jpg

b0185573_1117322.jpg

b0185573_1118367.jpg

14:10森の案内所着。「おかえりなさい」管理事務所から女性が出てこられた。朝方とは違う人だ。
少しお話をしていると、福寿草はまだ少し残っているはずだし、ヤマシロネコノメソウがそろそろ咲いている頃、とおっしゃる。

ありゃ朝の人と話が違うやんか!と言いたいところだが、他人のせいにしてはいけません。
咲いているかいないか、自分で行って確かめるべきです。

車に戻る時、入口の車止チエーンを見ると鍵はなく、引っ掛けているだけ。外すと中の駐車場に自由に入れるのだ。な~んだ。
14:30 森の案内所スタート、帰路に着く。往路を引き返すが、途中で府道453に入り府道54と合流、やがて奇岩が続く、美しいるり渓の渓谷沿いの道になる。

渓谷の上流にあるボート遊びのできる通天湖を過ぎるとるり渓温泉に着く。ここは始めてだ。
そしてこんな山の中、火曜日と言うのに駐車場はすごい車でびっくり。
b0185573_2041638.jpg


面白いのは露天ぶろが水着着用の混浴になっていることだ。水着は無料。
こりゃ面白そうだ、と思ったが、結局入らず。混浴の露天風呂に興味津津 彼女たちは楽しんできたらしいが・・・
b0185573_20164849.jpg

16:45 温泉スタート、府道731で兵庫県に入り、R173からR372に戻り18:30姫路に帰ってきた。

[参考データー]

(走行距離 260キロ  歩行距離 約6・8キロ  累積標高差 約500m)
by hotaka443 | 2012-03-30 03:56

No203 鈴鹿・鎌ケ岳は雪

鎌ケ岳(1161m)三重県菰野町・滋賀県甲賀市 2012・3・25(日) 天気・雪が降ったりやんだり 
メンバー・9人



b0185573_7592269.jpg


鈴鹿の中でも最もアルペン的な山容で、鈴鹿の槍ケ岳として人気のある鎌ケ岳。宮妻峡から鎌尾根を歩くコースがその代表のような気がするが、今日は時間の関係から長石尾根から登り、武平峠経由で下山することにした。

6時に車2台で姫路を出発、播但・山陽・中国・名神・新名神・東名阪を走り、四日市ICを降りる。R477へ出ると目の前の鈴鹿山系は白い。
R477は4月まで冬期閉鎖中なので、途中国道から湯の山温泉街に入る県道577に入る。
カーブが多く狭い577は温泉街を抜け、やがてR477に合流するのだが、ゲートがあり通行止めになっている。
行き止まり地点に10数台分の駐車場があるが、すでに満車状態だが、無理をしてなんとか隅の方に2台分確保できた。時刻はちょうど9時だ。

県道577はここで終点。ゲートがあるので向うのR477・鈴鹿スカイラインには出られない。
b0185573_1434273.jpg

b0185573_14392570.jpg

9:30 準備をを済ませ出発。県道を300mほど引き返し谷に降りると登山届のポストがある。
b0185573_17591790.jpg

b0185573_187466.jpg


今日は長石尾根を登る。
b0185573_18202344.jpg


すぐに渡渉だが、適当な岩を選んで どっこいしょ!
b0185573_1816316.jpg

少し歩くと長石尾根と長石谷の分岐があるが、尾根道を選ぶ.
b0185573_18191673.jpg

いきなりの急登だ。登るにつれ雪の世界に入って行く。
b0185573_20154655.jpg

樹間から御在所岳が覗く。あの白い鉄塔は1959年4月開通の御在所ロープウエーの鉄塔で、当時は東洋一と騒がれた高さ61mの6号鉄塔である。
b0185573_20145334.jpg

10:40 弥一ケ岳到着。バックは御在所岳。風に乗って雪が舞う。
b0185573_20232345.jpg

武平峠に登って行く通行止めの鈴鹿スカイライン。
b0185573_1343284.jpg

弥一ケ岳から一度コルに向かって下って行く。ここで鎌ケ岳が姿を現すが、まだまだはるか彼方だ。
b0185573_1364317.jpg

両側がガケになったコルを通過。
b0185573_13171250.jpg

11:00 尾根の右下を流れる三ツ口谷に下る分岐。
b0185573_13262037.jpg

11:30 同じく次の三ツ口谷に下る分岐。
b0185573_13311874.jpg

b0185573_1334121.jpg

ここから頂上までの高度270m程が岩稜地帯の急傾斜になり、ロープが設置された所もある。
b0185573_13463192.jpg
b0185573_13465413.jpg

標高1000mを越えたあたりでアイゼン着用する。傾斜はさらにきつくなる。
場所によっては濡れた岩が凍結し非常に危険だ。ロープを持つ手が冷たい。
もともと寒さは大敵、こうなると写真も当分おあずけだ。
b0185573_1353457.jpg

急登が終わりに近づいた頃、真っ白な鎌がのぞく。
b0185573_1357638.jpg

急いで坂道をかけ登ると、樹氷に包まれた鎌ケ岳が目に飛び込んできた。キレイ!
b0185573_1413116.jpg

狭い場所だが、南方向の絶好の展望台になっており、入道ケ岳がどっしりと構えている。
b0185573_1412492.jpg

鎌ケ岳は目の前だ。樹氷のトンネルをく急ぐ。
b0185573_1426679.jpg

12:35頂上に着いた。
b0185573_14154465.jpg

すぐ北の御在所岳は2時間程で行ける。右がロープウエー終点の建物。左の一番高い所が最高点1212m。
尚三角点は最高峰すぐ東に1209.4mがある。
b0185573_14384848.jpg

西北西には右に雨乞岳、左後方が綿向山。
b0185573_14432396.jpg

相変わらず雪が舞うあいにくの天気で風強く寒い。帰宅後調べてみると、鈴鹿山系あたりは上空1500mで-6℃の寒気に覆われている。
単純計算では鎌ケ岳山頂では-3~-4°Cになる計算だ。
風を避け少し遅くなったがお昼にしよう。寒い時は暖かいうどんに限るが、ガスを出すのも面倒、持ってきたパン1ケで済ます。
これで十分、相変わらず省エネ登山だ。
鳥居の右の祠は天照皇大神宮社が祀られている。
b0185573_14551743.jpg

b0185573_1541382.jpg

13:00この天気では長居は無用、武平峠に向かって下山開始。しかしいきなりクサリの激下りを2,3歩降りかけたが、新しいクサリは濡れて滑るし、足許の岩は凍結してとてもじゃないが下降困難だ。
どうしょう、登ってきた道を引き返すしかないのか・・・しかしあの道も登りはまだいいが、下るとなると・・・

その時近くで休んでおられた単独の中年女性が「この道は危険です、新しいう回路が出来ていますから」と教えて下さった。
よかった!お礼を言ってう回路に廻り、順調に下って行くと、ストップ!向うの尾根との間の10mほどは谷筋になっており、急傾斜ではるか下に落ち込んでいる。
三ツ口谷の源頭部だろう、滑ったら終わりだ。谷の向こうに道らしき所が見えるので、ここを横切るしかない。
雪の下の地形がわからないだけに一歩一歩慎重に・・山側に身体を預けて、恐る恐る・・・足許の雪が崩れたら、はるか下の谷底までノンストップだ。
b0185573_153155100.jpg

やった、全員難所を無事渡りきる。緊張から解放されヤレヤレ。
b0185573_1540587.jpg

b0185573_15433257.jpg

ほどなく正規ルートに合流、武平峠まで部分的に岩稜地帯はあるが、危険な所はない。
振り返ると、瞬間のガスの切れ間から鎌が覗く。
b0185573_17353990.jpg

14:10 武平峠に降りてきた。ここは十字路になっていて、武平トンネル西側、御在所、湯の山温泉、そして鎌からの登山道が合流する重要な峠だ。コーヒータイムにしようかな、と思ったが風が強いのでパス。
b0185573_17401648.jpg
b0185573_17404493.jpg

b0185573_1749176.jpg

峠から少し下ると、鈴鹿スカイラインの武平峠トンネル東口に出るので、スカイラインを横断し右の谷側渡る。
冬期通行止め、昨年の開通は4月14日だったが、今年は・・・・
b0185573_1753523.jpg

ほぼスカイラインに並行して谷川沿いを下る。途中に何とか神社があり、傍に道標がある。ここで御在所への表道を分岐する。
b0185573_18405822.jpg

b0185573_18382240.jpg

b0185573_18451280.jpg

登山道はスカイラインのヘアピンカーブに出てしまった。地形図では沢沿いにあるがどこで間違ったのだろう?まあ駐車場は近いので、道路を歩くとしよう。
b0185573_18482224.jpg

駐車場に帰ってきた。15:15だ。予定よりかなりの時間オーバーだが、何か所か危険な箇所もあり、積雪期とすればこんなものだろう。全員ケガもなく充実した楽しい山行だった。
b0185573_302351.jpg

15:30出発、温泉に向かう。湯の山温泉と言えばよく利用させていただく(グリーンホテル)だ。¥650 私はこの温泉が、特に露天風呂が気にいっている。
b0185573_1935480.jpg

17:00温泉出発、途中のSAで食事をすませ、21時頃姫路に帰ってきた。

[参考データー]
登山口9:30→弥一ケ岳10:40→鎌ケ岳12:35~13:00→武平峠14:10→駐車場15:15

(走行距離 約460キロ 歩行距離 約7キロ  累積標高差 約780m)

by hotaka443 | 2012-03-26 21:06

No202 少し早かった 福寿草の寒峰 

寒峰(1604.6m) 徳島県三好市 2012・3・20 (火・祭日) 天気・曇り メンバー・13名


b0185573_1627856.jpg


一昨年は4月4日に訪れたがちょうど福寿草は満開。それに比べると今年は2週間早いし、冬場が寒かったので咲いているかどうか心配なところ。
まあ咲いていなくても素晴らしい展望があるのでよしとするか、と山陽道龍野西ICに5:35、車3台が集まる。

吉備SAで休憩し、瀬戸中央道から高松・徳島道を経由して井川・池田ICを7:50に降り、あとはR32を吉野川に沿って走り、大歩危の道の駅で休憩。下流の建物は大歩危峡巡りの乗船場(まんなか)
b0185573_17141038.jpg

吉野川の流れを見つめ なに思う・・・
b0185573_17294399.jpg

上名から県道45・32に入り、かずら橋の上を走ってR439に乗る。
このR4398は三嶺から剣山向かうのだが、祖谷川沿いのカーブの連続した細い道である。
4キロあまり走って道標の八幡神社の方に左折する。
b0185573_18535265.jpg

集落の中を乗用車の道幅くらいのカーブが連続した道をどんどん登る。
b0185573_19171787.jpg
b0185573_19174430.jpg

標高差で260mほど登ると、案内板のある登山口の住吉神社に着く。
b0185573_19192369.jpg
b0185573_19194598.jpg

神社横の5~6台分の駐車場は満車。前回はここに停めたが、さらに林道を登ると工事中の新しい林道があるので、路上駐車が出来るだろうとさらに車を走らす。
寒峰大橋手前を左折して新しい林道に入るが、登山口に近い路肩のふくらみにはすでに何台か止まっている。
場所を探しながら走ると、工事中で行き止まりになりUターン。今日は休日で工事はお休みの様子。
工事車両は動かず、入ってくる車は登山者だけだろうと、登山口に近い所に9:20駐車する。

左のガードレール下から住吉神社からの登山道が上がってきて林道を横断、右の登山口から登る。ここまで20~30分かかるので、その分時間短縮だ。
9:50支度を済ませ出発。
b0185573_431349.jpg

b0185573_734581.jpg

冬枯れの自然林や植林の混ざった中を歩いていると、あちこちで残雪が見られるようになってきた。
b0185573_737337.jpg

この景色になると福寿草群生地は近い。
b0185573_7375367.jpg

第一群生地に着いたが、あれっ 咲いてない!
b0185573_741336.jpg
b0185573_7414877.jpg

一昨年は登山道脇からこんなに咲いていたのに…やはり早すぎたのか・・・
b0185573_7473922.jpg

それでもよ~く探すと、地面から顔を出したり、小さな蕾を付けたものも見られる。
今日はピストンだから下山時に陽がさせば、少しは咲いているだろう、に期待しよう。
b0185573_1171838.jpg

奥の方で騒がしい声がするので行ってみると、大きな花を咲かせたものもある。これは写真撮影用に誰かが雪で周りを囲ったものだが、雪の中から顔を出す福寿草、の演出作りだ。多くの登山者が順番待ちで写真をとっている。私も一枚パチリ!
b0185573_11135451.jpg

帰りにゆっくりするとして、山頂に向け出発。今のは第一群生地で、次に第二群生地がある。しかし咲いていればこそわかるが、2度目の私には場所はうる覚えだ。このあたりだったかな~
b0185573_1134549.jpg

結局場所がわからず通過し、頂上に向かう。
b0185573_15291046.jpg

ほぼ北に向かっていたが、標高1200mあたりで直角に方向転換、ここから植林の直急登になる。
b0185573_15343131.jpg

b0185573_15354739.jpg

高度130m程の激登に耐えると傾斜も緩くなり、尾根に出ると植林から解放され自然林に変わるが、途端に残雪の世界に入る。
b0185573_15453163.jpg

少し進むと四等三角点栗枝渡(くりしど)がある。
b0185573_15481229.jpg

b0185573_15533926.jpg

傾斜の緩い尾根道は快適だ。
b0185573_1556140.jpg

樹間から始めて寒峰が覗く。
b0185573_15572612.jpg

前方左に西寒峰が近づくが、ルートは登らず裾を真っ直ぐに進む。西寒峰から谷に落ちる斜面は急で、慎重に通過。
b0185573_1684298.jpg

このあたりも福寿草が多い所だが、残雪で隠されている。が 大木の根元に数本が地面から顔を覗かせているのを発見。
b0185573_1624998.jpg

西寒峰の裾が終わると狭いが雪田がある。夏場はカヤが茂っている所だ。寒峰がぐっと近くなる。
b0185573_16163616.jpg

b0185573_1617146.jpg

b0185573_16293356.jpg

南東に剣山とジロウギュウがのぞく。
b0185573_16312439.jpg

このあたりで標高1450mだから、あと高度150m程の登りが残っている。
大木地帯に入る。
b0185573_16343739.jpg
b0185573_16345917.jpg

b0185573_1638248.jpg

最後の登りに入る。バックは西寒峰。
b0185573_16402913.jpg

頂上が見えてきた。大勢の登山者が見える。
b0185573_16411693.jpg

あと一息だ、頑張れ!
b0185573_16445876.jpg

12:10寒峰頂上に着く。左烏帽子山、右前烏帽子山がのぞく。
b0185573_16464528.jpg

b0185573_16471869.jpg

二等三角点寒峰。関西のようなゴチャゴチャしたプレートがなく、すっきりした山頂は気持ちがいい。
b0185573_16532860.jpg

冷たい北風を避け あちこちの南斜面では大勢の人が食事の真っ最中。我々も適当なところで腰を下ろす。
b0185573_16594192.jpg

遠く石鎚方面まで見える西方向はあいにくの視界だが、端正な中津山だけが、手に取るような距離に聳えている。
b0185573_1765511.jpg

東方向の山々。矢筈山は一昨年登ったが、展望の優れた1848m、四国で標高10番目の素晴らしい山だ。
b0185573_1781196.jpg

南方向は剣山から天狗塚までの長大な山脈が横たわっている。避難小屋も途中にあるので、全縦走をしたいものだ。
b0185573_17204664.jpg

12:50北の風が冷たい。食事が終わったのでそろそろ下山しよう。回遊コースがあるが、植林の中の退屈な道なのでピストンにする。
b0185573_1527863.jpg

b0185573_15272742.jpg

14:05福寿草群生地に降りてきた。大勢の人が賑やかにあちこちに散らばってしきりにシャッターを押しているが、福寿草は登りにくいらべたら かなりの花が開いてた。
b0185573_1521483.jpg
b0185573_15225264.jpg

b0185573_15322778.jpg
b0185573_15373578.jpg
b0185573_15375431.jpg

15分ほど最後の福寿草観賞をして別れを告げる。
14:40 登山口に降りてきた。
b0185573_1544456.jpg

b0185573_15534242.jpg

15:00登山口スタート、帰途に着く。行きはかずら橋の上を通ったが、帰りはかずら橋経由だ。
b0185573_1623127.jpg

15:55 R32沿いの大歩危峡に面して建つホテル(サンリバー大歩危)に立ち寄り温泉に入る。
b0185573_1684278.jpg

b0185573_16124532.jpg

5Fが男性6F女性だ。建物の構造上露天風呂は狭いが、窓の外はJR土讃線が吉野川とR32を鉄橋で横切ったいる。
b0185573_16163357.jpg

窓の下は吉野川の清流が流れている。
b0185573_17373065.jpg

17:05 温泉を出発。往路を引き返し、吉備SA出食事、20:50自宅に帰ってきた。
楽しみにしていた福寿草、一昨年はところ狭しと咲き乱れていただけにものたりないが、あと1~2週間後は満開になっていることだろう。

[参考データー]

山陽道龍野西IC5:35(山陽・瀬戸中央・高松・徳島道)井川池田IC⇒R32⇒県道42⇒35⇒R439(約4・3キロ先)八幡神社道標を左折⇒林道登山口駐車9:20
出発9:50→福寿草群生地10:20~10:35→栗支渡三角点11:10→寒峰12:10~1250→群生地14:05~14:20→登山口14:40
出発15:00⇒温泉15:55~17:05⇒往路引き返し自宅20:50着

(走行距離 約530キロ  歩行距離 約6・5キロ  累積標高差 約650m)

by hotaka443 | 2012-03-23 18:31

No201 丹波とんがり山~白髪岳縦走 

とんがり山(620m)~白髪岳(721.8m) 兵庫県篠山市 2012・3・13 (火) 天気・山は時々雪 
メンバー・8人



b0185573_1653978.jpg


今日は読図山行だ。とんがり山は何度も登っているが、白髪岳への縦走は一度だけ単独で一昨年に歩いている。
ほとんど人の入らない縦走路なので道標はなく、踏み跡程度。直線部分が多い尾根だが、方向が変わる所が何か所かあり、要注意だ。
とんがりから白髪までの間、2.5万図に記載されているピークは実に14か所。
2.5万図は10m間隔の等高線だから10mに満たないピークは記入されていないし、また逆に平坦な10mが続けば 歩いていてもピークの実感はない。
前回歩いた時は 方向が変わるピーク1か所で考え事をしていて地形図確認を怠り、見事方向を間違ったが、さて今日はどうなるか・・・          

8:30 篠山市今田町のR372上小野原交差点角のコンビニに、姫路・加古川・三田からの車3台が集合。
とりあえず3台は白髪岳下山口Pに向かい2台を駐車、1台がとんがり山登山口に駐車する。
メンバーは男女4人づつの8名だが、私と女性4人はとんがり山登山口までの1.8キロを歩くことにする。
昨日から寒気が南下し、北の方の山は白くなっている。
途中井根口池に立ち寄り、逆さとんがりを写すが、今日は少しさざ波がたっていようだ。
b0185573_1851772.jpg

9:05 25分かけて登山口の薬師堂に着く。少し先に着いた車組と地図でコースの確認をして9:15薬師堂横の鳥居をくぐってスタートする。
b0185573_18123344.jpg

登るにつれ道端に雪が現れる。9:35妙妙見堂跡に着いた。
b0185573_1840033.jpg

階段を上がると朽ちかけた小さな祠があり、その左側から山に取りつくのだがが、わかりずらく、最初に来たときはウロウロしたものだ。よく見ると、立木に小さな文字で書かれた案内と、テープが巻いてある。
b0185573_18452653.jpg

参道から山道に変わり自然林の中をゆっくり登って行く。木々の枝に積もった雪が多くなってきた。
b0185573_18475917.jpg

b0185573_10265587.jpg

520の細長い等高線の裾を巻き一度コルに下るが、途中で目の前にとんがり山が見える。尚、尖っているからそう呼ばれているが、地形図では無名峰である。
b0185573_1031593.jpg

予想外の積雪は4~5㎝だろうか、ちょっとした雪山の雰囲気だ。
b0185573_10363841.jpg
b0185573_10365263.jpg

10:25 10人も立てば満員になりそうな、狭いとんがり山頂上に着いた。三角点はない。
b0185573_104032100.jpg

頂上はこの程度の広さ(以前の写真)
b0185573_10422476.jpg

これから向かう長大な尾根と白髪・松尾方面のパノラマ。各ピークを踏んで松尾までの予定。
b0185573_1143857.jpg

アップで見る、左からP640、P644、P689,白髪岳、松尾山。
b0185573_11131061.jpg

山頂から西へは距離は短いが激下りになる。手にする物も少なく、雪のため非常に滑りやすいので、要注意個所だ。難関をクリアー、思わずニッコリ。
b0185573_11232917.jpg

とんがり山から迷いやすい二つ目のピークを右折、長大な尾根に乗る。
展望もなく単調な尾根だが、雪景色が慰めてくれる。いつの間にかその雪がチラチラ・・・
b0185573_1129423.jpg

今日は忘れ物が二つある。軽アイゼンと地形図を入れるポリ袋だ。
今日のコースはアイゼンはなくても歩けるが、肝心の地形図は降る雪に濡らすまいとほとんどポケットに入れたまま。
いつも手にして現在位置を確認する基本を怠り、途中3回ほどコー外の尾根に迷い込む。また今日のトップはMさん。後ろを歩いていると、ついつい地形図を見ることもおろそかになり、後ろをついて行くだけ、になりがちだ。
展望がほとんど得られない尾根道、しかも積雪でかすかな踏み跡も隠されているだけに、現在位置を絶えず確認しながら行動しなければならないのに・・・反省!!

12:55 あるピークを少し下ったところで予定の尾根を外れた事に気づきバックしてピークに戻る。あわてて地形図を見たので、だいたいの位置はわかっても、現在地の確証はない。
すでに時刻は12:55。このあたりで食事にして落ちつこうと適当に腰を下ろす。
そのあたりをよく見ると、右方向になんとなく道らしき所がある。30分程休憩して13:25その方向に出発。
歩いて行くとここが正解だった。
ヤレヤレ。アップダウンを繰り返しながら進む。
b0185573_13574482.jpg

b0185573_1404858.jpg

15:00 白髪岳~松尾山の縦走コースにやっと出た。予定では白髪の頂上を踏んでから松尾へ廻るつもりだが、時間も遅くなったので松尾をカット。白髪から下山に予定変更する。ここからはしっかりした登山道だ。
b0185573_14320100.jpg

しかし最後の難関、高度70m程の激登りが待っている。雨の流れで登山道が削られる一方で、道は深い溝になっている。ロープが設置されているが、たださえいやな急斜面に雪が積り、最悪だ。
b0185573_14104417.jpg

15:20 ようやく白髪岳山頂にたどり着いた。とんがり山から4時間40分、みなさんお疲れ様!チラチラの雪もやみ、瞬間の青空が労をねぎらってくれているようだ。三角点は二等で点名は白髪岳。
b0185573_14215834.jpg

b0185573_14195711.jpg

雪雲で隠されていたとんがり山が、瞬間のぞいた。
b0185573_14272718.jpg

しばらく休憩して下山へ。しばらくの間危険な岩場になるが、太陽の当たる区間なので雪や凍結はない。
b0185573_1449176.jpg
b0185573_14491738.jpg
b0185573_14493287.jpg

慎重な行動で、全員無事難関通過する。後は階段の多い急坂下り、沢を渡って左岸へ。
山腹を巻いて16:30白髪岳登山口に降りてきた。
b0185573_14542252.jpg

b0185573_15155575.jpg

b0185573_14555144.jpg

b0185573_14551248.jpg



長い林道をテクテク、17:05駐車場に着いたが、読図山行にしては反省の多い山行だった。
いずれリベンジしなくては・・・

[上小野原交差点より白髪岳駐車場まで約11キロ  歩行時間 8時間30分  累積標高差 約960m]
by hotaka443 | 2012-03-17 16:09

No200 丹波・大平三山の2座と、早春の小さなお花畑へ

愛宕山(648m)~三国ケ岳(648.2m) 兵庫県篠山市・三田市 2012・3・10(土) 天気・曇り 
メンバー・3人



b0185573_2032320.jpg


丹波大平三山とは、篠山市と三田市境に位置する中尾ノ峰・愛宕山・三国ケ岳をいう。
効率よく動けば三山走破も可能だが、今日は二座と帰りに兵庫100山の金山近くにある、あまり知られていない小さなお花畑に立ち寄る計画にした。
寒かった今年の冬も終わろうとしているが、寒さに負けず、早春の花、咲いているかな・・・・


7:45 播但道砥堀ICに入り、中国道滝野社で降りる。舞鶴若狭道の丹南篠山口で降りた方が運転は楽だが、三角形の二辺を走って250円高くなる高速より、ガラガラのR372を走ってもほとんど時間は変わらない。
R372は古市交差点でR176に出るが次の波賀野交差点で右に入る。
交差点に大きな和風レストランだったかがあり目印になっていたが、更地になっている。
交差点より4.2キロほど走ると(龍蔵寺)の標識があり右に入ると、狭い道路脇には何本もの(龍蔵寺)の旗が立っている。
8:35大平山龍蔵寺の駐車場に着いた。
b0185573_1852753.jpg

8:45 支度を済ませスタート。道路反対側に案内図がある。中央ルートから愛宕山と三国ケ岳に登り、東ルートを下山予定だ。
b0185573_21482564.jpg

b0185573_161498.jpg

龍蔵寺山門
b0185573_1635920.jpg

ユニークな木彫りの像がお出迎え。
b0185573_1652961.jpg

大化645年法道仙人によって開かれた天台宗の古刹。もっと大きいお寺を想像していたが・・・
龍蔵寺の山号が大平山で、大平山三山が修行の場だったようだ。
この龍蔵寺は丹波古刹霊場第一番で,修験道の行場として全盛期には七十二坊を連ねていたといわれる。
b0185573_1662216.jpg

登山口に立つ近畿自然歩道の道標。今日のコースの大半が近畿自然歩道になっている。
b0185573_16212758.jpg

いきなり自然石階段から始まる。
b0185573_16224196.jpg

登るにつれ、うっそうとした植林の中の苔むした、歴史を物語る階段になる。
b0185573_1626666.jpg

コケと下半分が枯葉をまとった石垣の下に出た。昔大きな建物があったのだろう。
b0185573_1893398.jpg

「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく・・・」
龍蔵寺の住職さんは人生相談に応じて下さるとか。人生の悩みを抱えた人には心の支えを教えていただき、また人生相談駆け込み寺でもあるそうだ。
b0185573_18154127.jpg

石垣に上がると愛宕堂にお参りする長い石段が延びている。何段あるのだろうか?
崩れる危険あり、で立ち入り禁止だ。写真には写っていないが、階段の上の木立の中に赤い愛宕堂がある。
b0185573_1826161.jpg

ここまでは参道だったが山道に変わり、しばらくすると二股に着く。船坳口の標示がある。難しい”坳”はくぼみ、くぼむという意味らしいが・・・左は愛宕堂、右は愛宕山だが、先に愛宕堂に寄ってみよう。
b0185573_16511543.jpg

2、3分も歩くと愛宕堂が見えてきた。
b0185573_16581028.jpg

9:20愛宕堂に着く
b0185573_1724115.jpg

ありがたいお言葉が・・・
b0185573_1732333.jpg

立ち入り禁止の階段を覗く。
b0185573_1754437.jpg

船坳口まで戻り愛宕山に向かう。しばらく歩くとロープが設置されている急な斜面の下に着いた。
b0185573_17111746.jpg

一直線の激登りだ。湿った枯れ葉は非常に滑りやすい。
b0185573_17125648.jpg

地面の道標。足許ばかりを見ながら登る急坂なので正解だ。
b0185573_1720138.jpg

激登は続く。もうあたい ヘトヘトだ~
b0185573_17244233.jpg

ようやく尾根に出た。まだ新しい道標に入山規制が書いてある。
9月10日~11月15日は理由が書いてないが・・・・マツタケだ。
こんな急登を登らせておいて入山規制?それなら登山口に立てるべきや、とKさんボヤく。もっともだ。
b0185573_17271981.jpg

ここは三差路になっており、右はすぐに愛宕山だ。左は稲荷神社から三国ケ岳への道なので、先に愛宕山山頂を踏んでおこう。
b0185573_17465777.jpg

10:00愛宕山山頂に着いた。頂上のすぐ下に北側が切り開かれた一角があり、多紀アルプスと篠山盆地が見渡せる。
b0185573_17525135.jpg

西方向には松尾山から白髪岳も見える。
b0185573_1756358.jpg

如意が峰とも呼ばれるが、三国・中尾の峰三山のうち、愛宕山のみ三角点はない。
b0185573_182056.jpg

コーヒータイムをとり、次の三国ケ岳に向かう。途中かすかに見える三国ケ岳。
b0185573_185255.jpg

登りの、どちらかというと陰気な道と違い、こちらは快適な明るい雰囲気だ。植林と自然林の差だ。
b0185573_1864668.jpg

20分余り下ると三差路に出た。先に母子(もうし)の三国に登り、またここまで引き返しきて龍蔵寺に下る。
b0185573_1895643.jpg

道標を過ぎるとすぐに茶畑に出た。のどかな雰囲気が漂う。三田市母子で、母子はお茶で有名だ。
b0185573_1819634.jpg

茶畑を振り返る。
b0185573_19554225.jpg

農道を少し下ると小広場があり、中央に松の木を生やした大きな岩がある。日本庭園のようだ。
b0185573_2064552.jpg

左に入った山懐に稲荷神社がある。
b0185573_20224146.jpg

b0185573_2074650.jpg

崖の窪地に祠が祀ってある。
b0185573_20133516.jpg

神社で手を合わせながらふと上を見ると、なんだあの丸いものは・・・?よく見ると大きな蜂の巣だ。
b0185573_20211128.jpg

神社をあとにのんびりと茶畑が点在する中を歩く。やがて道路は簡易舗装に変わった。歩いてきた方向を振り返る。
b0185573_2102625.jpg

県道308に出た。正面の山が三国ケ岳だ。岳と名が付いているが、山と言うより丘のようだ。
b0185573_2185319.jpg
               ほとんど車の走らない県道の道路標識。少し先の交差点を左折し、県道49に入る。
b0185573_21134482.jpg
              308と49の交差点の道標。まず美濃坂峠まで歩き、峠から山道に入る。
b0185573_4551690.jpg
 
車が走らない閑散とした県道を歩いていると、美濃坂峠手前の池の傍から峠カットで登れそうな所がある。
あの茶畑を目指して畦道を進めば少し近道になりそう。茶畑の後方が三国ケ岳。
b0185573_544822.jpg

あぜ道から茶畑の傍を行くと登山道に出た。最初はジメジメとした陰気な道だが、すぐに明るい自然林になる。
b0185573_7372587.jpg

11:50 二等三角点三国岳が設置されている三国ケ岳に着いた。
b0185573_7401751.jpg

周囲は樹木に遮られほとんど展望は得られない。この写真を撮った後、アクシデント発生。カメラのどこかを無意識に触ったのだろう、モノクロになっているのに気付かず、7枚が白黒になってしまった。
b0185573_7474957.jpg
 
b0185573_7501024.jpg

お昼は豪華な御馳走だ。
b0185573_9265791.jpg

のんびりくつろぎ12:40出発。歩いてきた道を引き返す途中、愛宕山がチラリと覗く。
b0185573_754345.jpg
 
茶畑から池の傍を通り県道49へ。
b0185573_932564.jpg

県道をテクテク歩く。今日は道路歩きやな、とKさん。
b0185573_9353376.jpg
 
県道49から308をのんびり歩き、稲荷神社に向かう道路に入る。(後日新しい地形図を見ると、この道路や308,49をカットして美濃坂峠に出る山道があることを知る)
b0185573_9392565.jpg

稲荷神社通過。
b0185573_944501.jpg
 
茶畑を通り、愛宕山と龍蔵寺へ下る三差路に戻ってきた。時刻は13:55。朝方の通過時刻は10:35だった。
b0185573_947219.jpg
                地形図には載っていないが、登山道はしっかりしている。どんどん下ると、ミツマタが密生している所に出た。よく見ると自生じゃなく植えられたものだ。
b0185573_9573545.jpg

b0185573_9592472.jpg
b0185573_9595261.jpg

ミツマタ畑を抜けると林道に出た。
b0185573_1012193.jpg

b0185573_1075032.jpg

まだ新しい林道を下っていると、あちこちでガケ崩れを起こし、むき出しになった山肌が痛々しい。
目的があって建設されるのだろうが、一方で自然破壊を起こしている。
あちこちで車が走らず、荒廃した林道を見かけるが、膨大な建設費をドブに捨てるようなものだ。
くねくね曲がった林道を下って行くと、ようやく龍蔵寺の山門が見えてきて、14:15駐車場に到着する。
b0185573_191848100.jpg


次はお花畑だ。登山靴を履き替え14:20出発。R372から176に入り北上。

それらしき案内板があると思っていたが、金山登山口の道標まできてしまった。
行き過ぎなのでUターン、少しバックしてから見当をつけ旧道に入ると、ピタリと目的地に着いた。

そこは消防署の車庫と一部民家の裏で、想像していたより狭く、すぐ裏は山になっている。
場所を公に公表しないのは近所の住民に迷惑がかかり、観賞用の道のない所に大勢の人が訪れると踏み荒らされる心配があるからだろう。
b0185573_10431376.jpg
b0185573_10434829.jpg

b0185573_1114209.jpg
b0185573_11151794.jpg
b0185573_11155159.jpg
b0185573_11192655.jpg
b0185573_11194690.jpg
b0185573_1120499.jpg
b0185573_11202530.jpg
b0185573_1121571.jpg
b0185573_11223779.jpg
b0185573_11231240.jpg

30分の間、それでも2人連れの女性と、カメラを持った男性4人と会った。

お花畑観賞を終え、帰途に着く。途中、こちらに来たときは必ず寄り道する「こんだ薬師温泉・ぬくもりの郷」へ。今日も駐車場は満車状態、人気のある温泉だ。

[参考データー]

砥堀IC7:45(播但道・中国道)滝野・社IC⇒県道17⇒R372⇒R176⇒R372⇒龍蔵寺の道標右折⇒龍蔵寺駐車場8:35
出発8:45→9:20愛宕堂→愛宕山10:10~10:20→稲荷神社10:40~10:50→県道49号11:20→三国ケ岳11:50~12:40→稲荷神社13:35→龍蔵寺駐車場14:15
出発14:20⇒R372⇒R176大山・花観賞14:45~15:15⇒R176⇒R372⇒こんだ温泉15:45~16:15⇒往路経由砥堀IC17:30

(走行距離 約155キロ 歩行距離 約14・5キロ 累積標高差 約850m)

by hotaka443 | 2012-03-12 20:32

No199 数曾寺山系・大坂山

大坂山 (450m)兵庫県加東市・西脇市 2012.2.28(火) 天気・くもり  メンバー・3人


b0185573_17515760.jpg


昨年の5月末、数曾寺山系は始めてとおっしゃるIさんKさんを案内し、アルプスコース(自分で名付ける)から大坂山に登り、赤白鉄塔コースで数曾寺谷へ降りたところ、前日の大雨で日頃のチョロチョロ水から一転、谷を埋める大洪水に遭遇。
裸足になり水中歩行、時には山の斜面に逃げたりで大変だった。
あの谷、日頃はどうなのか見てみたい、と言う話になり,早速行ってみる事にした。


8:30 Iさん宅を出発。播但・中国道を走り、滝野・社IC出降り,県道17からR372に出る。右折三草山の看板の少し手前を左折し、旧のR372へ。少し先の左折(やしろ台)の看板に従って左折。数曾寺池畔を走って住宅地前の空き地に駐車。
本来住宅地へは関係者以外の車は進入禁止になっており、手前の公民館の駐車場を利用させてもらうべきところを、横着して本日の登山口に近い空き地を拝借することにした。


9:20準備を済ませ出発。空き地の前の使用されていないような車庫に珍しいナンバーの車が誇埃にまみれている。
b0185573_15553595.jpg

今日は数曾寺谷を歩き、No166鉄塔コースから大坂山へ。下りは数曾寺峠から数曾寺谷を戻ってくるコースだ。

棲曾寺池の北西端に山に入る林道があり、200mあまり行くと河原のような所に出るが、よく見ると右側へ入る踏み跡があり、禿げて文字の見えない巡視路の標識が立っている。尚 直進の林道はすぐに行き止まりになる。
b0185573_8215711.jpg

落ち葉の絨毯を歩く。
b0185573_8234258.jpg

右手の堰堤を過ぎると涸れた沢を渡る。「このあたりは池になっていて、裸足で歩いた所や」感慨深そうにあたりを見渡す二人。
b0185573_8292278.jpg

このあたりは伏流水になっていて、ふだんは流れがないところ。何か所も涸沢の上を歩く。
b0185573_832696.jpg

数曾寺谷には堰堤が2か所あり、ふだんは底の方に水がたまっている程度だが、昨年の大雨の時は堰堤を越して溢れだし、谷全体が水没したのだ。
b0185573_14484235.jpg

この渡渉個所はいつもこの程度の流れ。しかし昨年は深くて渡れず、山の斜面に逃げたところだ。
b0185573_14525725.jpg

No167赤白鉄塔コース分岐点。前回、消えていた167をまジックで記入したが、まだしっかり読める。
b0185573_14575167.jpg

100歩程歩くと、No166鉄塔コース分岐がある。ここの166の文字も健在だ。ここを入る。
b0185573_152845.jpg

167同様、166も岩場があり、展望もすぐれて楽しいコース。樹林帯が終わり、166鉄塔が見えてきた。
b0185573_156937.jpg

急斜面の岩稜地帯を登る。
b0185573_1575713.jpg

数曾寺谷をはさんだ西側のアルプスコースの尾根。165鉄塔がそびえている。

b0185573_20506.jpg


東側の谷の向こうの尾根。167赤白鉄塔がそびえる。高圧線にぶらさがり、向こうの尾根に渡れたら楽しいだろうな、なんて子供のような夢を想像する。
西へ追うと、相生市西部の西播変電所に着くので、ちょっとした空中散歩だ。こんな他愛ない空想も人生には必要だ。
b0185573_15161859.jpg


166鉄塔。鉄塔フアンでもある。
b0185573_2015302.jpg

このあたりだけ岩が紅い。
b0185573_20171387.jpg

10:15 鉄塔に着いた。展望を楽しみながらコーヒータイムとしよう。165鉄塔と中央はP320の三草槍。右は金城山。ちょうど1年前登ってみたが、半ヤブ山で、まず人に会う事はない。
b0185573_20305836.jpg

ひだりは赤白鉄塔から延びる尾根。右下が数曾寺谷で谷の先に数曾寺池が見える。池の左上の茶色の部分は昭和池の堤防。地平線の向こうは瀬戸内海だが、モヤって視界悪し。
b0185573_2054065.jpg

コーヒーとおやつを頂き、大坂山に向かって出発。岩稜帯は続く。左が大坂山。
b0185573_205737100.jpg

錆びついたクサリ場。さして必要ないが、山なれない鉄塔巡視員用か。
b0185573_2111386.jpg

166鉄塔を振り返る。
b0185573_15564777.jpg

これは転落防止用のクサリ?
b0185573_1550477.jpg

b0185573_15531925.jpg

北を見ると大坂山から数曾寺峠に下る尾根がすぐそこだ。

b0185573_1614014.jpg

赤白鉄塔コースと合流する。
b0185573_16165069.jpg

東方に双耳峰の数曾寺山系最高峰が姿を現す。
b0185573_16193573.jpg

大坂山はすぐそこだ。
b0185573_1622297.jpg

11:05大坂山に着く。三角点は三等で 点名は三草山2。
b0185573_16253787.jpg

南方向、左三草山。赤白鉄塔の右に昭和池が見える。地平線の先は瀬戸内海だが、モヤって視界不良だ。
b0185573_1629161.jpg

東方向,樹間から数曾寺山系最高峰が。
b0185573_19530100.jpg

北東方向は西光寺山。その後方左は白髪岳。
b0185573_19532725.jpg

北方向。
b0185573_19535325.jpg

南西は、登ってきた166鉄塔と尾根。右の尾根はアルプスコースと尾根最高峰の320ピーク。
b0185573_19564137.jpg

展望を楽しんでから、数曾寺峠に向かって下山開始。いつもはこのコースは登りに使うので下山は始めてだ。
最近付けられた新しい黄色のテープが続く。
ガイドブックにも取り上げられないマイナーな山だが、入山される人が増えたのか、登山道らしくなってきた。
11:50 大岩に着いた。と同時にお腹すいた~ でお昼にする。
このメンバーの場合は御馳走になることになっており、楽しみだ。何が出るかな~
b0185573_20164364.jpg

12:35 満タンのお腹を抱えて出発。
b0185573_2035691.jpg

10分後に数曾寺峠に降りてくる。樹木に囲まれた陰気な、峠らしくない峠だ。
b0185573_20353225.jpg

海抜180m程の峠からほんの少し下ったあたりから、早くも水が流れ出している。低い山だが地下水が豊富なんだ。
b0185573_20425095.jpg

しかし数曾寺谷は長さの半分以上が伏流水となり、地上は涸沢部分が多い。
b0185573_20452119.jpg

166,167鉄塔の分岐を過ぎ、昨年の洪水の思い出話をしていると、やがて谷の水が流れ込む数曾寺池が見えてきた。この谷は1.8キロほどの長さに対し、わずか高低差は70mほど、歩いていると平地の感覚だ。
b0185573_20523489.jpg
b0185573_20525611.jpg

駐車している空地が見えてきた。1台の軽がピッタリと寄り添って止まっており、人影が廻りをウロウロしている。嫌な予感がしてきた。
b0185573_20531334.jpg

車に近づくと待ってましたとおじさんがやってきてジロリ。
「あんたらは山でっか。こに車を停めてもらったらアカンのや」一言注意して気が晴れたのか、いつのまにか姿が見えなくなった。
この「やしろ台」バブル期に開発したのだろうか、多くが売れ残ったままだ。
今まで住人さんに会っても注意されたことはなかったが、あの土地はあのおじさんの所有なのかな?反省!
今日はKさん風邪気味なので温泉はカット、あちこちみちくさしながら帰る。

この数曾寺山系はほとんど人が入らないので深山の雰囲気を味わうことができ、静かな山歩きが楽しめる。叉高圧線が走っているので巡視路も各所にある。ただ登山道として整備されているわけではないので、それ相応の準備と覚悟が必要だ。

[参考データー]
数曾寺池北端林道入口9:20→No166鉄塔入口10:15→赤白鉄塔コース合流10:45→大坂山11:05~11:20→岩場で昼食11:50~12:35→数曾寺峠12:45→No166鉄塔入口13:00→林道入口13:45
(歩行距離 約5.2キロ  累積標高差 約360m)

by hotaka443 | 2012-03-03 16:06