みちくさおじさん山を歩く

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雑 記 NO1 2010・6・29 (火)

事情でしばらく山から遠ざかっているので、ブログを更新するにもネタがない。先日、この際だから物入れの中でも整理するか、と奥深くにしまいこんでいる、やけに重いダンボール三つを引きずり出した。
はて、この中身は何だったっけ?何年、いや何十年もさわっていない開かずのダンボールで、カビ臭い独特の匂いがする。

古いノートや小箱にしまい込んだ定期券、国鉄の切符、古い地形図や登山地図、鉄道雑誌、時刻表、写真のネガ・・年代物が続々出てきた。

b0185573_21135895.jpg


変色したノートを開くと「山の記録」と大きな文字が踊っている。

ページを繰ると、NO1 昭和40年8月13日~17日、横手山~草津白根山と乗鞍岳(単独)とあり、「過去にハイキング程度で雪彦山や峰山高原を歩いた事はあるが、今日から本格的な山歩きをするぞ!」なんて書いてある。

何故この山を選んだかは書いていないが、趣味の旅行も財布の許す限りそろそろ限界で、山に関心が向きかけていた頃だ。ただ軽井沢はまだ未知の世界で行きたいと思っていたので、白根山から草津温泉に下り、バスで軽井沢に抜ける計画を立てていたようだ。

軽井沢はキリの夕暮れで、幻想的な光景が広がっていたとある。軽井沢から東京に出て親戚に一泊。デパートに寄り登山地図を見て乗鞍岳を購入。お盆休みで日はあるし、帰りにどこかに寄るつもりだったのだ。

上高地は名前は聞いたことはあるがどこにあるか知らなかったが、地図を見て、上高地ってこんな所にあるのか、乗鞍行きのバスも出ているので、ついでに行ってみるか、で始めて上高地入りをする。きれいな所だなあ、だけの印象で、奥の方に高い山が聳えている、と書いている。当時は知らなかったが穂高だ。
ここから乗鞍行きのバスに乗り、頂上へ。そして帰りは木曽福島行きのバスに乗る。

昔は関西・中京方面から乗鞍や上高地へは、松本より近くて早い木曽福島や上松からのバス利用が多かった。
b0185573_21144868.jpg

最初は丁寧だった内容も、だんだん邪魔くさくなったのだろう、日時と山名だけになり 「後日思い出しながら書いたので、抜けている山もある。特に裏庭の山を歩くように通い続けた六甲の記録は・・・」 

そしてNO217、昭和56年9月穂高岳でこのノート終わっている。この間に結婚しているので、数年間はパラパラ程度の山行になっている。

最初の山はさすが記憶に残っているが、2回目からはいつどんな山に登ったか記憶がなかっただけに、これは貴重な財産である。

車社会の前だけに移動は公共の交通機関だから、山に入るのも大変だった。

例えば昭和41年の那岐山の記録を見ると、前夜に姫路駅近くにあった喫茶店「月ケ瀬」に集合、閉店までねばり、4:43発の姫新線経由広島行始発列車まで、駅前でおしゃべりをする。

この始発列車(もちろん蒸気機関車)の津山着は7:29で運賃330円。バスで日本原へ。運賃90円。バスの便が少ないので、これを逃すと日帰りができないとある。まず滝山に登り那岐山へ縦走。
帰りは津山20:41発しか列車はなく、これに乗ると姫路着23:08になる。
コンビニなんてない時代、飯盒でメシを炊き、カレーで昼食、とある。

単独で登った木曽駒ケ岳。
まだロープウエーがない時代で、中央線木曽福島から登り、頂上の天狗荘で一泊。翌日は飯田線駒ケ根駅に下る。

ところが頂上から少し下ったあたりで激しい雷雨に会う。あわてて岩陰に隠れるが、雷は谷筋から、横から上からと四方八方から襲ってくる。金属類はジーと音を発し、山での雷の恐ろしさを始めて知った。山ではラジオを持ってきて天気図を書く必要がある、と書いてある。

お陰で辰野に行く電車に間に合わず、駅のベンチでゴロリ。東京から来た3人グループと親しくなる。駅には他に3人眠っていた。
昔は列車本数が少なく、駅のベンチで夜を明かす登山者は結構多かった。

なお木曽駒と言えば千畳敷カールを連想するが、ロープウエーが開通するまでは登山者だけの世界で、今のような賑わいはなく、そう有名ではなかったようだ。
b0185573_21151593.jpg

昔の記録を読んでいると、今の登山はすべてが恵まれているとつくづく思う。やはり時代の違いだ。昔を語るのは歳をとったせいだろうが、山の世界も激しい変化の歴史があり、現在と比べるとやはり懐かしいものだ。

又いろいろ機会を見て昔の登山を回想したいと思う。

by hotaka443 | 2010-06-29 07:54

半年ぶり鳥取・智頭町の篭山

篭山 (905.5m) 鳥取県智頭町 2010・6・19 (土) 天気 曇り メンバー2人

只今事情アリで入山制限中。しかし6月に入り登山ゼロで運動不足もいいところ、山に入りたくてもうイライラしている。これでは精神衛生上も良くない。そこでとりあえずの規制緩和とし、近場のお散歩に行ってきた。
昨年末、初めて登った篭山だ。登山口まで1時間半程で行けるし、山も往復3時間ほどのお手軽コース。天気が良ければ尾根筋からの展望も素晴らしいものがあり、お気入りの山の一つになった。


b0185573_183492.jpg



6:50 自宅出発、途中で同行者を乗せ、山崎から中国道へ入り、佐用JCTからこの3月開通の鳥取自動車道に入る。智頭ICで降り、R53から県道6号に入り、1.5キロ程走ると右手に(篭山トレッキングコース)の大きな案内板がある。
b0185573_2094735.jpg
ここを右折、舗装された篭山林道をひたすら登り、舗装が切れて300mほど走ると広い駐車場に着く。8:20
b0185573_2082197.jpg

駐車場の向こうに中田登山口がある。
b0185573_20122325.jpg

しばらくは広い道で赤松が多い。
b0185573_4263244.jpg

途中の道標
b0185573_4282464.jpg

広い道から登山道に入る所の道標。
b0185573_4294649.jpg

ここからは伐採地跡の広々とした地形に変わり、植樹地帯に変わるが、まだ幼木が多い。
b0185573_17412440.jpg

緑の中でひときは目をひくレンゲツツジ。
b0185573_4415010.jpg

将来苗木が育った時の観賞路か、道はほぼフラットで伐採地の端から端までの折り返しでゆっくり登っていく。しかし雑草が伸び放題で、朝露で腰から下はずぶ濡れになる。ようやく伐採地も終わりだ。
b0185573_452549.jpg

伐採地から山道に変わり、5分足らずの急登で尾根に出る。左が篭山で右は麓の篭山神社に下る。
b0185573_457128.jpg

ここからは素晴らしい展望尾根になるが、残念ながらあいにくのガスで遠望はきかない。目の前はオッパイ山。
b0185573_51722.jpg

ミニ道後山と言っていいほどレンゲツツジが多い。
b0185573_531854.jpg

遥か彼方に反射板が建つ東峰が見えてきた。その右ガ篭山になる。
b0185573_59858.jpg

この尾根はススキが多く、秋は見事な銀世界が広がることだろう。
b0185573_5264344.jpg

880m反射板のピークに着く。篭山はすぐそこだ。
b0185573_5222032.jpg
南方には那岐連峰が見えるのだが、相変わらずガスの世界。これは昨年の展望です。爪ケ城の三角錐が美しい。
b0185573_5154373.jpg

同じく鳥取市から日本海を見る。
b0185573_516324.jpg

頂上はすぐそこ。少しガスが流れてくる。
b0185573_5303225.jpg

10:20 三等三角点篭山の狭い頂上に着いた。
b0185573_532425.jpg

「途中に見晴らし最高の看板があったが、東側のみの視界で看板に偽りありだ」と横で文句を言ってるが、わずか半年で樹木の生長は早い。
b0185573_543164.jpg

b0185573_544594.jpg

その東側の展望。
b0185573_548978.jpg

少し早いが昼食をいただき10:45下山にかかる。ピストンで駐車場には12:00ジャストに降りてきた。
道端で見かけた花。
b0185573_5514849.jpg

b0185573_5521458.jpg

b0185573_553872.jpg

b0185573_5535877.jpg

b0185573_5544543.jpg

b0185573_5552848.jpg

b0185573_5555018.jpg

b0185573_556867.jpg

b0185573_555345.jpg

帰り道は西粟倉村の粟倉温泉「黄金泉」でのんびりする。
b0185573_5565064.jpg



(所要データー)
自宅6:50⇒R29⇒山崎ICより中国道・鳥取道智頭IC⇒R53⇒県道6⇒篭山林道・篭山登山口駐車場8:20
スタート8:30→林道終点・頂上へ2590m道標11:05~11:15→尾根9:30→篭山頂上10:20~10:45→P880 11:05→尾根終わり11:15~11:25→駐車場12:00
駐車場出発12:10⇒あわくら温泉・黄金泉12:40~13:35⇒往路経由自宅15:00
(走行距離190キロ 累積標高差 約490m)                 
 
by hotaka443 | 2010-06-20 20:15

廃止された勝原スキー場跡より荒島岳

昨年(2009・5・29)の荒島岳(1523・5m)福井県大野市の表情

諸般の事情で、山はちょっとご無沙汰。これは一年前の荒島岳の写真です。まだブログをするつもりがなかったので、写真も少ない。荒島岳は姫路から登山口まで約340キロ、過去何度か日帰り登山をしているが、この日は福井でのんびり一泊する。


b0185573_19191411.jpg

6:00 よ~く見るとススキらしきものが写っている。そう、ピンボケ写真だったので、昨年秋10月の写真です。登山口から勝原スキー場の中を、ほぼリフトに沿って登る。平坦に見えるが、すごい急斜面です。まっすぐ登った後、次は写真の右へ尾根を登る。ここは石がゴロゴロして歩きにくい道。特に下山時の疲れた足にはこたえる所。荒島岳は奥で見えません。
b0185573_1672347.jpg

6:20 リフト最高所。スキーリフトの支柱が横たわっている。2008年のシーズンを持って勝原スキー場は閉鎖された。規模が小さいうえ、近年の雪不足、そして近隣に大規模なスキー場があるので、惜しまれながら閉鎖された。
b0185573_17172845.jpg

西は雲海残る大野盆地。
b0185573_17283435.jpg

左、経ケ岳(1625・2m) かっての火山で大きな火口原がある。
b0185573_17363867.jpg

ブナの新緑の中の急登が続く。
b0185573_17393381.jpg

8:00 急坂がおわるとシャクナゲ平に着く。道標の右方面の文字が隠れているが小荒島岳だ。帰りに寄ってみる。
b0185573_1744367.jpg

シャクナゲ平から一旦下り、再び登りにかかると(もちが壁)の難所がある。注意すれば問題はないが、クサリ・ハシゴが設置されている。
8:20 傾斜が緩くなると素晴らしい展望が開ける所がある。西方の大野盆地。
b0185573_17531174.jpg

残雪輝く左は白山、右が別山。三の峰と一体になって見える。中央の谷を北上すると鳩ケ湯温泉を経て三ノ峰登山口に至る。
b0185573_17584396.jpg

イワカガミとかろうじてまだ残っていたカタクリ。
b0185573_1805130.jpg
b0185573_181381.jpg

9:00 一等三角点荒島岳山頂に着く。
b0185573_1825884.jpg

麦畑の混じる大野盆地。
b0185573_185124.jpg

白山、別山方面
b0185573_18122671.jpg

日本海方面からガスが大野盆地に迫ってくる。やがて荒島岳もガスに包まれる・・・
b0185573_1874573.jpg

案内図
b0185573_1884879.jpg

頂上の一角を黄色く染める。
b0185573_1892698.jpg

b0185573_18141427.jpg

9:45 下山にかかり、いったんシャクナゲ平に戻り、小荒島に向かう事にする。小荒島は中出に向かう登山道から少し登る。
b0185573_18205819.jpg

10:55 小荒島岳(1186m)に到着。山頂は狭いが、ここから見る荒島岳は迫力がある。しかしガスが湧いてきて、しばらく待つが晴れそうにない。ガスの少しの切れ間からのぞく荒島岳。
b0185573_1825324.jpg

白山、別山方面
b0185573_18264510.jpg


ガスは濃くなる一方なので、ダイナミックな荒島岳の雄姿はあきらめ11:05下山にかかる。
b0185573_1830117.jpg

ブナ林の美味しい空気を腹いっぱいに吸いこんで、急坂をひたすら下り13:15 駐車場に着いた。
b0185573_1831114.jpg


帰りは福井ICより8キロ程手前の美山森林温泉でひと風呂浴びて帰る。
b0185573_18454176.jpg


(所要データー)
登山口 6:00→リフト最上部6:20→シャクナゲ平8:00→荒島岳9:00~9:45→シャクナゲ平10:25→
小荒島岳10:55→シャクナゲ平11:20→リフト最上部12:40→登山口13:15

(歩行距離約13キロ  累積標高差約1320m)

by hotaka443 | 2010-06-08 18:45