みちくさおじさん山を歩く

2017年 12月 22日 ( 1 )

No476岡山 初冬の星山~櫃ケ山ピストン

星山(1030.3)~櫃ケ山(953.4m)岡山県真庭市 2017・12・3(日)天気・晴れ メンバー・単独
b0185573_14155621.jpg

櫃ケ山下山路より左星山、五輪山、P959


b0185573_14192451.jpg


何度も登っている両山ですが縦走は始めて。何度も計画は立てながら実行できなかったので、今日は楽しみです。
さて縦走の場合どちらから登るかですが、櫃ケ山の高度差約660mに対し星山からだと400mほど。
当然星山になります。

6:20自宅を出発、中国道は西行で単独の時は20分ほど走った所にある、夢前スマートICから入ります。
勝央SAで軽く朝食をとり米子道で久世まで、あとはR181・313・県道201を走り神庭の滝の管理事務所手前の店先を右折、美しい森の道標の立つ林道に入ります。

途中何か所かの分岐がありますが、美しい森の道標に従って走ると、星山登山者用の広い駐車場に着きます。先客は岡山ナンバーの一台だけです。
b0185573_9174548.jpg

8:40出発、林道を少しビジターセンターの方に歩きます。左に星山、右に扇山が、空は快晴です。
b0185573_9261382.jpg

左に向かう林道と交差するところに道標があります。左は広域基幹林道作西線と、その下に「最近熊が目撃されました・・・」の注意書が、中央は星山登山道東口の案内です。今まではビジターセンター横から登っていましたが、今日はここから登ってみます。
b0185573_9283033.jpg
b0185573_9411185.jpg

左折してバックするような形で広域林道の方に少し入ると登山口です。
b0185573_944010.jpg

部分的に階段がつけられた広い道を登って行きます。
b0185573_9475573.jpg

高度にして約250mほど登ると登山道は二つに分かれます。道標はありませんが、直進は前山経由なので右を取ります。前山は帰りに寄ってみましょう。
b0185573_957321.jpg

しばらく進むと先ほどの前山から下りてきた道と合流します。西口からの登山道もここで合流します。
b0185573_1072549.jpg

傾斜を増した広い快適な登山道。
b0185573_10111725.jpg

樹林帯を飛び出すと星山が青空に浮かんでいます。
b0185573_1013683.jpg

八合目
b0185573_10153385.jpg

9:35星山に着きました。駐車場から55分です。
b0185573_10235318.jpg

b0185573_10265099.jpg

右の蒜山三山は確認できますが左の大山は視界不良です。
b0185573_10282750.jpg

しばらく展望を楽しみ櫃ケ山に向かいます。道標は3時間ですが、そんなにかからないはずです。
b0185573_1030562.jpg

北西方向に一面ササ原の平らな山が見えます。コースから外れますが、寝転んで空を見上げるには最高の雰囲気の山です。
b0185573_10392898.jpg

やがて道は冬枯れの樹林帯に入っていきますが、高度100mあまりの急な下りです。
b0185573_14165594.jpg

次の扇山とのコル、ちょうど方向が北西から北東にかわるあたりは一部道がわかりずらい所があります。枯葉の中の踏跡を探しながら歩くと、人工林に突入しますが等高線に沿うようなほぼ平坦な道にかわります。
b0185573_10434177.jpg

前方が明るくなり尾根に飛び出しました。うっとうしかった雰囲気が吹っ飛び、晴ればれした気分になります。
b0185573_14494061.jpg

扇山、五輪山、櫃ケ山が並んでいます。
b0185573_14563467.jpg

気持ちいい縦走路。
b0185573_14575548.jpg

10:20扇山です。四等三角点扇山があるのですが、確認忘れです。
b0185573_14593422.jpg

きれいな三角錐の櫃ケ山。けどまだまだ遠いな~ 櫃ケ山の右後方、左は摺鉢山で右は三坂山。
b0185573_15151630.jpg

案内板の立つピークに着きました。ここが五輪山 と思ったけれど、景色と地形図をみるとP941のピークのようです。残念!
b0185573_950510.jpg

経年劣化で右下の文字だけはかろうじて残っていますが、地図が読めないので役にたちません。
b0185573_957431.jpg

11:05五輪山です。
b0185573_1094258.jpg

櫃ケ山が近づいてきました。
b0185573_12343828.jpg

縦走路は風もなく穏やかで快適です。
b0185573_1237101.jpg

竜頭の滝への下山口分岐です。櫃ケ山のみの場合正面から登り、下山はこちらをよく使います。ここまでくるとあと一登りです。
b0185573_12413519.jpg

11:30やっと櫃ケ山山頂に到着、休憩入れて2:50かかりました。
b0185573_1535634.jpg

三角点は三等、点名は櫃ケ山です。
b0185573_1552871.jpg

東側の展望です。
b0185573_15113665.jpg

上の写真では摺鉢山の右に位置する三坂が切れていました。左摺鉢山、右が三坂山。
b0185573_1515952.jpg

泉山をアップします。
b0185573_2127044.jpg

北方面は霞んでいますが、右に蒜山三山が、左の大山は雲がかかっています。
b0185573_21293553.jpg

昼食を取りながら展望を楽しみ、コーヒーをいただいて12:05下山開始です。道標は星山までちょうど5キロです。
b0185573_15343637.jpg

左から星山、五輪山、P959と並んでいます。星山まで遠けど頑張らなくっちゃ
b0185573_1602556.jpg

12:35五輪山通過。
b0185573_16222158.jpg

星山が近づいてきます。
b0185573_16323989.jpg

大山方面が少し見えるようになたのでアップしてみます。右は烏ケ山です。
b0185573_16263734.jpg

b0185573_1627175.jpg

13:30扇山通過、人工林に入りわずかに水が流れる星山との最低コルを抜けると星山の登りです。
b0185573_16385276.jpg

少し疲れてきた足にはこたえる登りですが、やっと星山が見えてきました。
b0185573_16415541.jpg

14時ジャスト星山山頂です。左の大山から右の蒜山までようやく見えるようになってきました。
ここまで帰ってくるとあとは下るのみ。ほっと一息コーヒータイムにしましょう。
b0185573_1647368.jpg

14:15星山にお別れして下山です。達成感で足取りも軽く一気に下ると前山が見えてきました。気持ちよさそうなササ原の中の道が、おいでおいで と呼んでいるようです。
登りは急ぐので裾を巻いたので、せっかくですから少し遠回りをして登っておきましょう。
b0185573_16594114.jpg

右の木立が前山山頂です。
b0185573_13484166.jpg

植林の中の前山分岐まで下りてきました。前山経由で登山口まで30分です。ただ40mほどの登りがあります。すっかり下山モードだっただけに瞬間迷いますが、せっかくですから登っておきましょう。
b0185573_1734812.jpg

途中で山頂への道を分けます。バックは星山。
b0185573_178074.jpg

数分で大岩が重なっている前山ですが展望はありません。
b0185573_179318.jpg

山頂の岩にタッチして下山です。途中から見る星山。
b0185573_1712564.jpg

櫃ケ山です。
b0185573_17134349.jpg

ビジターセンター分岐です。帰りはセンターに寄ってみましょう。
b0185573_18344960.jpg

人の気配のないビジターセンター。来春まで深い眠りにつきます。
b0185573_18355337.jpg

まだ残っている紅葉を見ながら駐車場へ急ぎます。
b0185573_21453830.jpg

5分ほど歩き15:20駐車場に帰ってきました。休憩入れ6時間40分、少しかかりすぎましたが、長い間お預けになっていたピストンが無事終わり、満足です。

今日出会った登山者は、ピストンの単独男性二人でした。櫃ケ山は登山者で賑わっていると思っていたのですが、ゼロ。12月に入ると何かと多忙で登山どころではないのかな?

[データー]

自宅6:20⇒夢前スマートIC(中国道~米子道)久世IC⇒R181~313⇒県道201⇒神庭の滝管理事務所手前右折林道へ⇒星山登山者用駐車場8:35

出発8:40→星山9:35~9:45→↓扇山10:20→五輪山11:05→櫃ケ山11:30~12:05→五輪山13:00~13:10→扇山13:30→星山14:00~14:15→前山14:35→ビジターセンター15:00~15:15→駐車場15:20 
帰路は寄り道のため記録は省略

(歩行距離 約14.5キロ 累積標高差約1330m 走行距離 約260キロ)

今年は家庭の事情で時間がなく、近郊の山を除き28座がアップできずに残ってしまいました。
by hotaka443 | 2017-12-22 13:49