みちくさおじさん山を歩く

2014年 10月 28日 ( 1 )

No363 中国山地 岡山の三十人ケ仙~天狗岩

三十人ケ仙(1171・6m)~天狗岩(1196・5m) 岡山県津山市・鏡野町 2014・9・17(水) 
天気晴れ メンバー・3人
b0185573_65489.jpg

b0185573_6341330.jpg

メンバーさん達の 近くで登っていない山リクエストで、岡山の三十人ケ仙に行くことになりました。
調べてみると私は何度か登っていますが、最後が2007年5月なのでもう7年もごぶさたの山です。

あの時はすずこ(ネマガリタケの筍)摘みを兼ねた登山で、下山後とりたてのすずこ料理を楽しんだものです。
地元兵庫では氷ノ山のすずこが有名で、シーズンになると多くの人が訪れますが、岡山の奥深い山は見向きもされないようです。

姫路のメンバーさん宅を7時に出発、播但道~中国道を津山ICで降り、R53から県道6~75~336を走ります。
336を山にどんどん入っていくと黒木ダムが現れ、道はダムの堰堤上を走ります。
b0185573_18281580.jpg

ダムをすぎると黒木キャンプ場があり、そこを過ぎたころ県道は終わり、その先は根知遠藤林道に変わります。
林道を山奥に向って進むと、突如右側川沿いに一軒の建物が現れます。倉見温泉です。
先代オーナーの手作りと言われる温泉ですが、営業は土・日のみで、冬季は閉鎖とのこと。宿泊・日帰り温泉OKですが、水曜日の今日は休みでしょう。
b0185573_1327385.jpg

倉見川沿いに山奥に向かって車を走らせると、左に入る林道があります。林道入口には古びた道標があり、巨木の森つくりモデル林とあります。

今日は地形図忘れですが、左に入る林道を歩いたと記憶していますので、多分この道で間違いないでしょう。
少し先に路肩のふくらみがあるので、そこに駐車します。
b0185573_1440581.jpg

準備を済ませ出発しましょう。時刻は9:10です。先程の林道分岐に来ると、一般車両進入禁止の立て札があります。間違いありません。ここは勝間田高校の演習林ですが、初めて来た時立て札を無視して進入、ちょうど森林巡回をされていた人に注意を受けたことがあります。
b0185573_15123246.jpg

林道を奥に進むとまた進入禁止の立て札があります。
b0185573_1456586.jpg

20分ほどで三十人ケ仙と天狗岩分岐です。天狗の登りは激が付くので、先に三十人から登ります。
b0185573_1505665.jpg

少し先に休憩小屋がありその反対側に立派な事業PR板が。
b0185573_1574046.jpg

b0185573_1575253.jpg

演習林だけあり分岐が多くありますが、いずれも案内板があるので迷うことはないでしょう。
ブラブラ歩き1時で林道終点に着きました。
b0185573_15155040.jpg

ここからいよいよ登山道です。最初の間は丸太の階段です。
b0185573_15171942.jpg

背の高いササの茂っているところもありますが、登山道は確保されています。
b0185573_15205759.jpg

b0185573_1521125.jpg

登山口からわずか30分で尾根分岐です。右三十人ケ仙で左天狗岩です。このあたりはササが深いです。
b0185573_1525258.jpg

小さなアップダウンはありますが、歩きやすい道です。
b0185573_15272062.jpg

分岐から15分で三十人ケ仙に着きました。三角点は四等三十人ケ仙。
b0185573_152862.jpg

7年前と比べると樹木が成長、視界は北東方向の狭い範囲のみ残されています。
b0185573_15335324.jpg

10:55お昼には早いので写真をとり天狗行きです。
15分で分岐に戻り、三十人と天狗の間のコル,遠藤越に下ります。もともと登山者が少ない山ですが、縦走路はこの程度です。
b0185573_6163990.jpg
b0185573_6163594.jpg
b0185573_6171535.jpg

コルから再び登りになり、しばらく進むと大岩が現れます。天狗岩す。岩の間の狭い道に足を踏み込もうと下を向いた時、思わずウワ~と立ち止まります。2匹のヘビで、一匹の黒くて長いヘビは驚いて草むらに逃げ込みましたが、一匹は動こうとせず、こちらの様子をうかがっています。マムシです。
b0185573_6301378.jpg

傍に落ちていた棒切れを投げますが、ビクともしません。
離れたところの石を拾ってきて狙いを定め・・・命中、マムシはノロノロと草むらに撤退ししたので、少し間をおいて、念のためストックで草むらをたたきながら、恐る恐る通過します。その先が天狗岩です。
b0185573_16424973.jpg

11:55天狗岩山頂に着きました。三角点は三等で天狗岩です。回りは登山者が少ないので雑草で覆われています。山頂と言っても平坦地の一部と言った感じです。
b0185573_16434434.jpg

天狗岩に登って写真を撮る人がいるので挑戦したい気持ちはありますが、恥をかく前にやめておきましょう。
b0185573_1647582.jpg

直ぐ南には端正な三角形の角ケ仙、右後方で頭だけのぞかせているのは泉山です。
b0185573_17181585.jpg

東方向後方には三つのピークの那岐連山が見えます。左が那岐山、中央が滝山で右が広戸仙です。
b0185573_17232555.jpg

1時間ばかりのんびりして13:00下山開始です。地形図には両山のコル遠藤越えから東に向って林道まで破線が記入されていますが、廃道状態で、天狗岩の直ぐ北から東に下る踏み跡をたどります。道標がないので注意が必要です。踏み跡はネマガリダケの激下りなので足元要注意です。
b0185573_1741885.jpg

b0185573_17412777.jpg

かなり下ったところに、本来なら上の分岐点にあるべきチャレンジコースと書かれた道標が、登山道脇のササの中で埋もれています。拾って見えるところに置いておきます。
但し書かれている急斜面はわかりますが、岩場はなかったと記憶しています。
b0185573_180468.jpg

14:35激下りから解放され、林道登山口に降りてきました。
b0185573_1851378.jpg

ここから長い林道歩きが始まります。等高線沿いに曲がりくねった道は退屈そのものです。約50分後にやっと三十人ケ仙と天狗岩の分岐まで帰ってきました。ここから駐車地点の林道までは15分ほどです。
b0185573_1817271.jpg

14:35駐車地点に帰ってきました。登り下り合計2時間の林道歩きに、あ~疲れた。思わず道路上に座り込みます。
b0185573_18221586.jpg

15:50さあ帰りましょう。来た道を引き返し、のんびり温泉に入りましょう。
20分ほど引き返し、県道75を少し右に入ったところにある、よくお世話になる百々温泉に入ります。平日の今日はガラガラですが、休日でもよく空いており、地元以外あまり知られていないのでしょうか?
b0185573_18363339.jpg

1時間ほどゆっくり温泉で身体をほぐし、帰途につきます。
メンバーさんはササの中の激下りで二度ほど滑ってドスンと尻もち。これが楽しかったとおっしゃいますが・・・

[今日のデーター]

姫路7:00⇒播但道・中国道津山IC⇒R53⇒県道6・75・336・林道根知遠藤線三十ケ仙登山口路上駐車

出発9:10→三十・天狗分岐9:30→林道終点登山口10:10→尾根分岐10:40→三十人ケ山10:55~11:00→天狗岩11:55~13:00→登山口林道13:35→三十・天狗分岐14:20駐車地点14:35

出発14:50⇒往路引き返し(途中温泉15:10~16:05)⇒姫路17:25

(走行距離 約260キロ 歩行距離 約10キロ 累積標高差 約860m)

by hotaka443 | 2014-10-28 21:27