みちくさおじさん山を歩く

No469 四国赤石山系 岩稜の八巻山から東赤石山を歩く

八巻山東赤石山(1707m)愛媛県新居浜市/四国中央市 2017・5・11(木)天気・晴れ 
メンバー・4人


b0185573_15141220.jpg


b0185573_15151433.jpg


アルペンムードの東赤石山は四国でも好きな山のひとつですが、調べてみると2009年の秋からご無沙汰です。
メンバーさんの関係で5:40、心ウキウキで加古川駅を出発します。

姫路西から山陽道に入り、瀬戸大橋から四国へ。ところが考え事をしていてふと気が付くと下車する松山道の三島川之江IC出口が目の前です。一瞬迷いましたがすぐ後ろに車が接近しているので急ブレーキはヤバイ! とあきらめ通過します。なんちゅこった~

仕方なく新居浜まで走りR11から県道47へ。海抜950mの大永山トンネルまでかけ登り、トンネルを抜け坂道を下ると平家平や冠山の駐車場があり数台の車が止まっています。
さらに下り東に向かって走ると西赤石山登山口の駐車場で、大勢の登山者の姿が。さすが人気の山です。まだアケボノツツジが見られるかな?

ここでトイレ休憩をして出発、少し走ってやっと東赤石登山口の一つ筏津登山口に着きました。遠回りしたので時刻は9時を回っています。予定ではこの道路を前方の東から走ってくるつもりでした。
30~40分以上の時間と高速料金のムダが発生、罰金ものです。

駐車場は右下へ下って銅山川を渡り右折、筏津山荘跡にありますが、ちょうど路肩が広くなっているのでここに駐車します。
b0185573_10453548.jpg

9:15支度を済ませ出発、登山口は道路を少し東に歩いたところにあります。
b0185573_1138116.jpg

b0185573_11401720.jpg

面白味のない植林の中をゆっくり登ります。
b0185573_15252580.jpg

20分ほど歩くと右から登山道が上がってきます。筏津登山口から700mほど東にある瀬場登山口から登ってくる道です。
b0185573_15402579.jpg

やがて登山道は左下を流れる瀬場谷に沿って歩くようになります。
b0185573_1612938.jpg

轟音が聞こえてきました。対岸にある八間滝の音ですが、木の葉が茂る夏場は場所の特定が難しいですね。
b0185573_16223553.jpg

秋の八間滝。3段で落差30mの堂々とした滝です。
b0185573_16284659.jpg

b0185573_16122631.jpg

b0185573_16135455.jpg

瀬場谷分岐です。登りは直進して赤石山荘へ、右の赤石山から下りてきます。時刻は10:25予定より遅れ気味です。
b0185573_16362449.jpg

深い瀬場谷の上の細い道を歩きます。
b0185573_16383120.jpg

瀬場谷に流れ込む枝沢に架かる木橋。
b0185573_16483111.jpg

b0185573_16485493.jpg
b0185573_16492089.jpg
b0185573_16494239.jpg

深い樹林帯が切れ八巻山の岩峰がチラッと姿をのぞかすと、思わず興奮します。東赤石山より八巻山の岩峰の方がどちらかというと面白いですね。
b0185573_16552373.jpg

b0185573_1742124.jpg

b0185573_1744118.jpg

源頭部に近づいた瀬場谷から離れ、登りにかかります。
b0185573_1717107.jpg

所どころにアケボノツツジが残っています。
b0185573_1718078.jpg

歩きにくい石ころ道。
b0185573_17191141.jpg
b0185573_17193325.jpg

物住頭から東赤石山に続く岩尾根を正面にして、赤石山荘へ。
b0185573_17263068.jpg

八巻山です。
b0185573_17273538.jpg

険しい岩尾根ルートを避け、裾を巻く西赤石山から二ツ岳に至るルートに出ました。途中に東赤石山に直登するルートがあります。分岐から赤石山荘は左折してすぐです。
b0185573_17322960.jpg

赤石山荘に到着です。無人小屋で、事前連絡すれば土日は泊まれるが、素泊まりのみ。但し昔の話で現在は?
b0185573_17351690.jpg

取り付けられた看板。四国アルプス赤石山系自叙伝 「四国赤石山系物語」1035ページ 定価3000円 で赤石山荘主人の名前と電話ファックス番号が書かれています。1035Pとはすごい!どんな内容か興味はありますが・・・
b0185573_17445020.jpg

山荘前のベンチでお昼にします。時刻は12:45 予定より大幅遅れです。
30分ほどで食事を済ませ出発しましょう。岩尾根の魅力をタップリ味わうには山荘から西に20分ほど歩いた石室越から取り付き、東に向かって方向転換、いくつかの岩峰を越えながら八巻山~東赤石山
に至るルートがアルペンムードたっぷりのお勧めコース。

時間に余裕があれば、と考えていましたが、しかし1時間あまり余分な時間がかかるので八巻山に直登します。なお小屋からは八巻の影に隠れて赤石山は見えません。

八巻山直登ルートは小屋のすぐ東から、表示は難路となっています。四国では最も高山植物が多い山なので、「高山植物保護のため岩の上を歩いてください」の注意書きも。
b0185573_5311132.jpg

八巻山を目指して登ります。山全体が赤味を帯びて見えるのはカンラン岩が酸化したためで、赤石の由来です。
b0185573_5505131.jpg

はっきりとしたルート表示はありませんが、所どころに高山植物保護のために張られたロープや人が歩いてこすれた岩を選んで登ります。ただガスに巻かれると厄介な岩場になります。
b0185573_5552653.jpg

山荘から八巻山山頂まで高度差150mほどの直登ですが、岩峰はすぐ目の前です。
b0185573_642942.jpg

今にも落ちてきそうな縦走路上の大岩、お亀岩。
b0185573_651037.jpg

振り返ると高度感はタップリ。
b0185573_691231.jpg

尾根の縦走路に出ました。絶妙のバランスをとっているお亀岩。
b0185573_19404458.jpg

八巻山への登り。
b0185573_19475746.jpg
荒々しい八巻山の西斜面。
b0185573_20181168.jpg

足場を探しながら登って行くと、途中でパッと東側の視界が開け、始めて東赤石山が姿を現しました。
右端が東赤石山で権現山、黒岳、エビラ山、二ツ岳へと続く山並み。一番奥の美しい斜面の山は赤星山。二ツ岳までは縦走路があります。
b0185573_2022137.jpg

13:45八巻山山頂です。岩峰で三角点はありません。ステンレスがまぶしい八巻大権現。
b0185573_6353892.jpg

登ってきた南西方向を振り返ると、中央右の三角錐は前赤石山で、中央の尾根からほんの少し頭を出している三角錐は西赤石山。霞んでいる左端はちち山。
笹ケ峰はちち山のすぐ後方ですが、ちち山よりわずか5m高いだけなのでちち山と一体になっています。ちち山の右に天気が良ければ石鎚山が見えるのですが・・・
b0185573_8573288.jpg

少しカメラを左に振ります。
b0185573_1655496.jpg

石鎚山を確認したくて上の写真を修整してみると、かろうじてですが確認できます。
b0185573_16535170.jpg

南方向中央はブナの大木で有名な大座礼山とその左は白いアケボノツツジが見られる東光森山。
b0185573_1753814.jpg

景色のんびりをながめながらのんびりしたいところですが、あまり時間がありません。さあ、目の前の赤石山に向かいましょう。近いようですが岩尾根を一度赤石越に下り、50mほどの急登が待っています。
b0185573_17145030.jpg

写真中央に短いハシゴが確認できます。岩場にはペイントで〇印が記入されているのが一般的ですが、ここは目印がないので、ルートファンティグが必要です。
b0185573_14114792.jpg

足場をさがしながら岩場を通過します。
b0185573_14235449.jpg
b0185573_14241198.jpg
楽しい岩尾根歩きが終わり八巻山と東赤石山のコル赤石越に降りてきました。ひとまずここにザックを置いて10分ほどの東赤石山山頂に向かいます。下山はここから赤石山荘方向に下ります。
b0185573_16223332.jpg

急坂をひと登りで禿げた東赤石山と書かれた道標のある岩場に立ちます。バックは瀬戸内海。
b0185573_16265455.jpg

8年前に来た時の写真。始めての登山者はここが山頂と勘違いするかもわかりません。三角点のある山頂はさらに東へ、灌木の中を100mあまり進んだところにあります。
b0185573_16285137.jpg

八巻山を振り返ります。
b0185573_1832520.jpg

岩場からひと歩きで東赤石山山頂に着きました。三角点は三等で点名は赤石。
b0185573_1725161.jpg


b0185573_17202685.jpg
b0185573_17143758.jpg

東の展望。縦走路のある二ツ岳まで4時間余り、機会があれば縦走してみたい尾根です。
b0185573_17263471.jpg

南方向、中央やや右の山は大座礼山、ブナの大木で有名です。
b0185573_17534679.jpg

時刻は15時になってしまいました。去りがたい山頂を出発。急坂を5分余り赤石越分岐に下りてきました。ここから道標赤石山荘に下ります。
b0185573_10353536.jpg

高度差80mほどの急坂を下ると、西赤石山~二ツ岳の縦走路です。この道は八巻山~東赤石山の岩稜尾根を避ける巻道です。
b0185573_1043469.jpg

二ツ岳方面へ左折、少し歩くとまた道標があり、瀬場・筏津方面へ右折します。
b0185573_1049571.jpg

駐車場までここから樹林帯の退屈な長い道のりになります。
所どころに咲くアケボノツツジ。
b0185573_11154083.jpg

展望のない樹林帯の一角から、右大座礼山と左東光森山がのぞきます。
b0185573_11175828.jpg
ちょっとしたアクシデントがありましたが、17:20ようやく瀬場谷分岐まで下りてきました。登りは赤石山荘、下りは赤石山からです。
b0185573_11254638.jpg

小休止のあと筏津の駐車地点に向けラストスパート、18時駐車地点に帰ってきました。
スローペースとちょっとしたアクシデントで結構時間がかかりましたが、楽しい登山でした。

帰りは県道をそのまま東に走り,途中でR319へ。細くて長い法皇トンエルを抜け四国中央市に下ります。R11に出ると東に、松山道三島川之江ICへは10分ほどです。

(走行距離 約510キロ 歩行距離 約9.6キロ 累積標高差 約1170m)
by hotaka443 | 2017-07-01 03:26