みちくさおじさん山を歩く

No323大峰山脈北部の大展望・観音峰

観音峰(1347.6m)奈良県天川村 2013・11・24(日) 天気・晴れ メンバー ・4人

b0185573_16534593.jpg



b0185573_18171584.jpg


昨日、奈良県東部から三重県に入り、大洞山~尼ケ岳を縦走してきましたが、今日は別のメンバーさんと、また奈良県は中部の大峰山系・観音峰に登ります。連ちゃんになりますが、近くなので気分的には楽チンです。

6:20自宅を出発。南阪奈道を経てR309に入り、川合まで走りますが、以前のR309は細いヘアピンカーブ連続で山越えしていましたが、今は新設、拡幅、新しいトンネルの開通などで、かなりの時間短縮で走れるようになりました。

川合から県道大峯公園線に入り、虻トンネルを出た所の右側にある駐車場に9:30に到着です。
案内板です。
b0185573_17281814.jpg

支度を済ませ、9:45駐車場のトイレと休憩所の間から、山上ケ岳を源とする山上川に架かる吊橋を渡ります。
b0185573_1720576.jpg
b0185573_17203932.jpg

長い吊橋の向こうは薄暗い植林です。
b0185573_2030693.jpg

変化のない植林の中の登山道には、所どころに階段があります。・
b0185573_2035887.jpg

観音の水です。コップが置いてあるので一口飲みますが、自然の湧水はとっても冷たく、うまい!
b0185573_2042132.jpg

等高線に沿うような緩い登りを進むと、左へ分ける道があります。第一展望台への分岐です。寄ってみましょう。
b0185573_20491336.jpg

立木が邪魔をして南側の狭い範囲しか展望はありません。樹木の成長はやがて展望台の名前を消してしまうでしょうね。
左端が弥山です。
b0185573_20554534.jpg

元の道に戻り、小沢を二つ橋で渡ります。
b0185573_21512337.jpg

b0185573_2153335.jpg

やがて植林から自然林に変わります。かっての住居跡などが点在する一角を抜けると休憩所が見えてきました。
b0185573_2153349.jpg

b0185573_21583569.jpg

この休憩所は屋根に菊のご紋が入っています。(矢印)南北朝時代、後醍醐天皇の皇子で,元弘の乱で活躍した護良親王の神社跡だそうです。
b0185573_839138.jpg


休憩所の横から階段を登ります。
b0185573_654950.jpg

右前方に大きな岩壁がブナ林の上に見えてきました。歌碑の埋まった大岩の前を通ります。
この歌碑は「お歌石」と言うそうで、護良親王が、この地に落ちのびた祭に詠んだ歌だそうです。 よしの山 花ぞちるらん 天の川 雲のつつみを くずすしらなみ
b0185573_732315.jpg

写真ではわかりにくいですが、地形図では岩壁の長さが400mほどあり、巨大な壁を形成しています。
b0185573_7125598.jpg

あの岩壁の上に立ってみたいな~、と思っていたら、それらしき分岐がありました。
急坂を登ると、洞窟らしき前で行き止まりです。
b0185573_7163819.jpg

この窟は、天川の民が護良親王をかくまった岩屋で仏像が祀ってあり、内部は横に広がっています。
b0185573_7233510.jpg

元の道に戻り、ジグザグの坂道を登ります。もう紅葉もほとんど終わりですが、今が真っ盛りの木も残っています。
b0185573_7411947.jpg
b0185573_7415044.jpg

自然林から再び陰気な植林を抜けると目の前が明るくなり、ススキの茂る尾根に出ました。
b0185573_7451044.jpg

その先は台地になっており、観音峯展望台です。素晴らしい大展望が広がっていますが、登山者でいっぱい。写真は下山時に回し、観音峰に向かいます。タイムは11:15。お昼は山頂にしましょう。
後方のピークが観音峰と思っていましたが、ハズレで、ここからは見えません。
b0185573_17225978.jpg

b0185573_17375475.jpg

展望台地が終わると小さなコルに降り、雑木林の登りになります。
b0185573_17441661.jpg

先ほど見えていたP1285の前衛峰で、観音峯はあのPを越えなければなりません。
b0185573_17504978.jpg

下草が全くないブナ林の美しい斜面。
b0185573_1753585.jpg

線を引いたように真っ直ぐな植林と自然林の境界を登ります。
b0185573_17552455.jpg

11:45特徴のない、尾根の一部のような観音峯山頂に着きました。
b0185573_1758149.jpg

b0185573_17594663.jpg

日陰に少し雪が残っています。三角点の上に雪だるまさんを置きます。三角点名は観音峯山です。
b0185573_18293734.jpg
b0185573_1832263.jpg

樹木のため展望はありませんが、葉を落とした樹間から前衛峰のピークが見えます。風を避け日だまりでお昼にしましょう。
ハイキングコースは観音峯展望台までで、こちらまで登ってくる人はほとんどなく、静寂の世界が広がっています。
食事を終える頃、団体さんが登ってこられました。方力峠まで縦走し、洞川温泉に下りられるそうです。食事をされる彼らに場所を譲り下山しましょう。時刻は12:20です。

前衛峰のピークを過ぎ、どんどん下ると、ススキに囲まれた観音峯展望台のピークが近ずいてきます。
b0185573_1822832.jpg

展望台はもうほとんどの人が帰られ、ひっそりとしています。
b0185573_18253525.jpg

東側の大展望です。左から山上ケ岳、尖ったピークの大日山、稲村ケ岳、そして鋭いピークの連なるバリゴヤの頭と続きます。
b0185573_2073215.jpg

南方向です。
b0185573_20373250.jpg

画面調整で山をアップします。
b0185573_20385462.jpg

大展望を満喫、下山です。
b0185573_204344100.jpg

往路を引き返し、吊橋に帰ってきました。
b0185573_20484168.jpg

b0185573_20501268.jpg

13:40駐車場着です。
私はどうしても標高の高い山に憧れる傾向にあり、大峰山系わずか1300m台の観音峯はどちらかというと関心のない山でしたが、お誘いを受けたSさんには感謝です。素晴らしい展望の山で満足、満足でした。

帰りはすぐ近くの洞川温泉に向かいます。このあたりに来たときは必ず立ち寄りますが、駐車場は1時間以内は無料なので、そこは貧乏人、のんびり湯につかっておられません。
以前は確かこの駐車場は無料で、ここに車を停め稲村などに登った記憶がありますが、遠い昔かな・・・
b0185573_14102875.jpg


[本日のデーター]

自宅6:20⇒姫路・加古川BP・第二神明⇒阪神高速⇒阪和道⇒南阪奈道葛城IC⇒県道30⇒R309⇒県道21虻トンネル出口・観音峯駐車場9:30

スタート9:45→第一展望台10:05~10:15→観音平休憩所10:35→窟10:50→観音峯展望台11:15→観音峯山11:45~12:20→観音峯展望台12:45~12:55→駐車場13:40~13:55⇒洞川温泉
14:00~14:35

温泉出発14:40⇒帰路は阪和道から近畿道を直進⇒中国道~山陽道経由で自宅19:00着です

(走行距離 約380キロ 歩行距離 約7キロ 標高差 約800m)

by hotaka443 | 2013-12-14 14:35