みちくさおじさん山を歩く

No229 湖北・己高山(こだかみやま)

己高山(922.6m) 滋賀県長浜市 2012・7・8 (日) 天気・曇りのち晴れ メンバー・5人


b0185573_15243961.jpg


己高山は2009年3月以来になる。前回は残雪が多く、道標の⇒が雪で隠されて方向違いの林道に入り込み、時間ロスをした苦い思い出がある。

6時自宅を出発、北陸道木之本ICを降り、15分ほど走った8:35に登山口の駐車場に着く。まだ登山者の車はいない。
準備をしていると車が一台到着。単独行の男性で先に出発された。
8:50登山届を出して出発。駐車場の左真上の高台にあるのがよくお世話になる宿泊施設(己高庵)で
日帰り入浴が出来るのが、ありがたい。
b0185573_1546566.jpg

駐車場から北に向かう林道はすぐに二股になるが、右は法華寺跡に向かうので、道標に従い左をとる。
ここにゲートが設けられており、簡易詰所が置かれている。
上流で堰堤工事が行われているので、一般車は通行止めだ。
b0185573_20535815.jpg

雨上がりの空は山の上部をガスで隠している。そのうちに晴れてくるだろう。広い林道を歩く。林道は中ノ谷に沿って付けられているが、雨上がりで増水、ゴーゴーと音を立てて流れている。
b0185573_21101179.jpg

林道沿いに看板があるので近寄って見ると,居張瀧とある。
b0185573_7293222.jpg
b0185573_7294310.jpg

すぐに林道分岐に着く。道標に従い右へ。
b0185573_7321726.jpg
b0185573_7324087.jpg

少し歩くとまた分岐に着いた。ここに大きな道標が立っている。
b0185573_735716.jpg

道標に近づいて・・・思い出した!前回来た時は雪が道標の上の方を隠しており⇒が雪の下。どちらに行こうかと迷ったが、結局右へ入ってしまい、尾根道を歩くつもりがいつまでも沢沿いなので、途中でおかしいと気付き、引き返した記憶が甦る。
b0185573_7473164.jpg

分岐を左に進み、橋を渡ると登山口がある。今日は尾根コースなので右へ入る。一合目の標示があるが、どこが基準だろう?地元高時小学校の作成だ。
b0185573_7504186.jpg

道は掘れこみ、雨が降ると大変だ。雨上がりの緑が美しい。
b0185573_755284.jpg

変なものが・・・の声に近寄ると、一見ギンリョウソウに見えるが、ヒゲが8本等間隔に生えている。何だろう?
b0185573_812883.jpg
b0185573_814125.jpg

高圧線が2本走っているが、最初の1本に着く。敦賀半島にある美浜原発、もんじゅ、敦賀原発からの送電線だ。
b0185573_8452100.jpg

10:05六地蔵に着いた。大きな地蔵さんを中心に左右に三体づつ並んでいる。
b0185573_872338.jpg
b0185573_874264.jpg
b0185573_875538.jpg

5分ほど歩くと谷ルートからの道が上がってくる。
b0185573_1748286.jpg

馬どめ岩があり、続いて牛どめ岩があって展望台になっている。といっても樹林帯にほんのわずか隙間がある程度だが、モヤっており琵琶湖が確認できない。
b0185573_1759078.jpg

b0185573_1755749.jpg

b0185573_17523894.jpg

ギンリョウソウ モドキの三兄弟。
b0185573_189697.jpg

平坦な地形になった。鶏足寺跡だ。うっそうとした大木のため陽が射し込まず、雑草が茂った陰気な雰囲気が漂う。かっては比叡山や白山との信仰が融合し、山岳宗教の拠点として栄えたとも言われている。
b0185573_186613.jpg

b0185573_1874119.jpg
b0185573_188433.jpg
b0185573_1881937.jpg

鶏足寺跡をあとにし、最後の標高差100mの激登りだ。一部にロープが設置されている。
b0185573_1959554.jpg

ひと頑張りでどこが山頂かわからない平坦な地形の己高山に11:30に着いた。
b0185573_2084943.jpg

三等三角点「己高山」。
b0185573_209525.jpg

まわりはうっそうとした林だが、山頂から少し東に入った所に、わずかに景色が覗いている。
なだらかな尾根が見えるだけだ。
b0185573_2014029.jpg

展望もなく長居は無用、12:00下山開始だ。帰りは南に下り、途中から西に向かう南西尾根コースを歩く。
b0185573_20175564.jpg

2本の送電線が北西から南東に走っているが、2本目の鉄塔に着いた。樹木が伐採されており、琵琶湖や竹生島が見える。
ほとんど展望のない山だけに、開放的な気分にさせてくれる貴重な場所だ。
b0185573_6464923.jpg

どんどん下って行くと、地形図にない林道に出た。
b0185573_6501325.jpg

林道を下ると道標があり、左に100m下ると石道寺とあるが、パスして鶏足寺への道をとる。
b0185573_6552350.jpg

ここからは遊歩道が整備されており、茶畑が広がる。
b0185573_657034.jpg

すぐに十字路に出る。右に進むと鶏足寺だ。奈良時代、行基が開基したお寺で、己高山七大寺の一つとして栄えたといわれている。このあたりは紅葉の名所でもある。
b0185573_742341.jpg

b0185573_753482.jpg

緩やかな桟道から最後の急な石段を登ると14:00鶏足寺本堂に着く。
庭の片隅にベンチが設けられているので一休みだ。
b0185573_765120.jpg

10分ほど休憩して己高閣の下にある駐車場に向かう。先ほどの分岐に戻ってきた。
再び茶畑に出た。亀山の茶畑の看板がある。しかし手入れがされておらず、雑草が伸び放題だ。
b0185573_7331582.jpg
b0185573_7333434.jpg

遊歩道が終わり、登りに歩いた林道沿いの中ノ谷の下流を渡ると、田畑が広がっている。
歩いてきた方向を振り返る。
b0185573_7371325.jpg

登りに歩いた林道に出た。駐車場はすぐ横にある。14:25駐車場着。
b0185573_738858.jpg

登山靴を履き替え、すぐ上の己高閣のお風呂へ。登山の後のお風呂は格別の御馳走だ。
b0185573_7405830.jpg

15:35サッパリしたところで帰途に着く。途中SAで食事をとり 18:50自宅に帰ってきた。


[参考データー]

自宅6:00⇒山陽姫路東IC(山陽・中国・名神・北陸)木之本IC⇒R9⇒県道281⇒己高閣下の己高山駐車場8:35
出発8:50→登山口9:10→六地蔵10:05→己高山11:30~12:00→鉄塔下展望12:45→遊歩道入口13:50→鶏足寺14:00~14:10→駐車場14:25→己高閣入浴14:35~15:35
出発15:35⇒往路経由自宅着18:50

(走行距離 約520キロ  歩行距離 約9.6キロ  累積標高差 約910m)

by hotaka443 | 2012-07-13 15:28